windowsキーが反応しない、使えなくなった場合の対処法

Windows10、Windows11でWindowsキーが反応しない、使えなくなった場合の解決策を紹介していきます。
スタートを開けなくなったりショートカットキーで多く使えるので使えないと不便です。

キーボードかパソコンどっちの問題か

Windowsキーが使えないのはパソコンかキーボードのどっちが問題なのか確認します。
今回はWindowsキーなのでスマホなどでも確認できません。
他のパソコンでキーボードを使用してください。
他のパソコンでWindowsキーが反応するならパソコンの設定、他のパソコンでもWindowsキーが反応しないならキーボードが原因です。

キーボードのWindowsキーロックを解除

キーボードによっては、Windowsキーなどをロックして使えなくする機能があります。
何らかの誤操作やものを置いたりした際にちょうどロックされるキーを押してしまったかもしれません。
キーボードによってロック機能のあり、なしとどのキーを使用してロック機能を切り替えるかは違います。
それぞれのキーボードの取扱説明書を読むかネットで型番とマニュアルを検索すればオンラインマニュアルを参考にできるはずです。

ゲーミングモードを解除

ゲーミング用キーボードの場合はゲーミングモードというものが搭載されているものがあります。
この機能はゲーム中に集中してプレイできる機能でWindowsキーを押してしまうとタスクバーが表示されてしまうのでWindowsキーを無効化してしまいます。

ゲーミング機能は、ブランドによって異なりますがたいていキーボードの右上に特別に用意されているものが多いです。
RazerやSteelSeriesに使われていることが多くライディングしているのであれば色で判断できるかもしれません。

デバイスドライバーの更新・再インストール

キーボードのドライバーが不具合を起こしているかもしれません。
一度ドライバーを更新するか再インストールしていきます。

  1. Windowsマークを右クリックしてデバイスマネージャーをクリック
  2. キーボードから自分の選択しているキーボードを右クリック
  3. ドライバーの更新を検索してみます。
    インターネット検索で更新がない場合はアンインストール(削除)を行います。
  4. 削除が完了したらパソコンを再起動させると自動的にインストールされます。

レジストリの修復

Windowsのレジストリの破損などでWindowsキーの動作に不具合が起きているかもしれません。
レジストリの確認、修復をしてみます。
フリーソフトでもできることが多いのでWindows機能ではなくフリーソフトなどでもOKです。

  1. Windowsキーを右クリックしてファイル名を指定して実行
  2. 検索に
    regedit
    と入力してOK
  3. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control
    と展開していきます。
  4. Keyboard Layoutの中にあるScancode Mapを右クリックして削除
  5. パソコンの再起動