Google Chromeでファイルがダウンロードできない場合の対処法

Google Chromeでファイルがダウンロードできない場合の対処法を紹介しています。
ファイルのダウンロードが途中で止まったりファイルのダウンロード自体ができない場合に試してみることになります。

別のブラウザに切り替え

別のブラウザに切り替えてファイルをダウンロードしてみます。
標準に搭載されているEdgeやFirefox、BRAVEなどを試してみましょう。
他のブラウザでもダウンロードできないのであれば、セキュリティソフトかパソコンに問題があります。
Chromeだけでダウンロードできない場合はChromeの設定に問題があります。

ポップアップ・リダイレクトの許可

ポップアップでファイルのダウンロードがブロックされているだけのこともあります。
ファイルのダウンロード時にポップアップやリダイレクトが必要なときは、許可しないとダウンロードが開始されません。
ダウンロードボタンをクリックした際に「ポップアップがブロックされました。」と表示された場合はアドレスバーにあるポップアップの許可をしないといけません。

毎回許可するのがめんどくさい場合は、設定で変更しておきます。
右上のメニュー(縦丸3個)から設定を開き、プライバシーとセキリティからサイトの設定を開きます。
ポップアップとリダイレクトを開いて許可の追加でダウンロード先のドメインにダウンロードしているサイトのURLを追加しておきましょう。

ブロックされたファイルのダウンロードの許可

Chromeのセキリティでファイルのダウンロードをブロックしている場合があります。
セキリティでブロックされると「危険なファイルであるため、Chromeでブロックしました。」と表示されます。

右上のメニュー(縦丸3個)をクリックしてダウンロードを開きます。
ブロックされたファイルの危険なファイルの保存から続行するをクリックします。

この機能は多くのフィードバックからファイルの安全性を自動判断されているので、ダウンロードしないことをおすすめします。

複数ファイルのダウンロードの許可

Chromeで複数のファイルをダウンロードしようとすると「このサイトは複数のファイルをダウンロードしようとしています。許可しますか?」と表示されます。
このメッセージが表示されれば、「許可する」をクリックすることでダウンロードが開始されます。
ブロックしたり他の場所をクリックして表示が消えた場合は、アドレスバーの右側に表示されている警告マークをクリックすることで再度表示させることができます。

Chromeのセキュリティ無効化

Chromeのセキリティ機能でファイルをダウンロードできない場合は一時的にセキリティを無効化しましょう。

右上のメニュー(縦丸3個)から設定を開きます。
プライバシーとセキリティからセキリティを開きます。
セーフブラウジングの設定を保護なし(推奨されません)にして、「セーフブラウジングをオフにしますか?」を「オフにする」と答えましょう。
全てのダウンロードが終われば設定をもとに戻しておきましょう。

セキュリティソフトの無効化(除外)

セキリティソフトがダウンロードしたファイルを削除している、ブロックしている場合があります。
セキュリティソフトを一時的に停止してからダウンロードを試してみるか、ダウンロードしたファイルを復元・除外設定を行いましょう。

それぞれのセキュリティソフトによって設定の方法は異なるのでヘルプなどを参考にして設定してください。

拡張機能の無効化

Chromeにインストールしている拡張機能がダウンロードに影響していることもあります。
拡張機能はブラウザに様々な機能を追加できるプログラムで、自分でインストールしないと追加されることはありません。

右上の拡張機能ボタン(パズルのピース)から拡張機能を管理をクリックします。
表示されている拡張機能を全て無効化していきます。
全て無効化出来ればファイルをダウンロードしましょう。

ダウンロードしたファイルの場所確認

単にダウンロードしたファイルの場所が違っていてるだけかもしれません。
ファイルをダウンロードした場所が違っていると何回もダウンロードしたのにダウンロードされていないと勘違いしてしまいます。

Chromeの設定を開いて詳細設定からダウンロードの項目にある保存場所を確認してみましょう。
もし、保存場所の場所がどこかわからない場合は設定を変更して自分のわかり易い場所に設定しておきます。

Chromeの設定リセット・再インストール

Chromeの設定をリセットしてみます。
Chromeの設定を開いて詳細設定から「リセットとクリーンアップ」で「設定を元の既定値に戻す」をクリックします。
確認が表示されるので、設定のリセットをクリックすることと完了です。
もし、それでもファイルがダウンロードされなければ、Chromeの再インストールを行います。

Windowsの設定を開いてアプリと機能(Windows11ならアプリ)からChromeを右クリックしてアンインストールを行います。
その後、他のブラウザでChromeの公式サイトを開いてインストールを再度行います。
Chromeのアンインストール前に実行ファイルをダウンロードしておくのもいいです。