Steamで二段階認証を設定してセキュリティを強化する方法

Steamではスマホに公式のアプリを入れることで二段階認証やスマホでフレンドの状況・ストアなどを確認したり購入できます。
二段階認証をすることで、セキュリティが格段に強化されるのでおすすめです。

元々、メールアドレスにコードが送信されるセキュリティになっていますがメールアドレスは簡単にハックされますのでスマホを登録することが強みになります。

Steamアプリダウンロード

Google Play・App Storeからアプリをダウンロードします。

Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.valvesoftware.android.steam.community&hl=ja
Appl Store
https://apps.apple.com/jp/app/steam-mobile/id495369748

インストール完了後、起動します。
初回起動時には、ログインIDとパスワードを確認されます。
自分のIDとパスワードを入力すると、登録されたメールアドレスにコードが送信されますので入力します。

コードを送信するとログイン完了します。
次回からは、自動にログインされますので、めんどうな入力は必要ありません。

左のメニューから、チャットや通知、ストア、プロフィール、フレンドなど様々なことを確認することができます。

パソコンを使わずに外出先からゲームを購入できたりフレンドが何のゲームで遊んでいるかなどを知ることが出来ます。

Steam二段階認証設定方法

Steamアプリメニューの一番上にあるSTEAMガードから二段階認証を設定することができます。

認証機器を追加をタップします。
STEAMに登録されている電話番号に認証コードが送信されますのでコードを入力します。

コードを入力すると、リカバリコードの表示があります。
このコードはスマホをなくした時に、二段階認証ができなくなるので自分のアカウントだと証明するコードになりますので、メモるようにしましょう。

なくすとめんどくさくなります。
Steamガードに認証コードが出れば完了となります。

このSteamガードはログインする際に必要になります。
時間経過ごとにコードが置き換えられます。

Steamの二段階認証をしない場合

二段階認証が一番セキュリティにはいいのでおすすめですが、電話番号やメールアドレスを正しく入力しておくだけでも効果があります。
Steamのゲームがクリアできなくて他の人にやってもらう場合も、リモートプレイ機能で出来ますのでパスワードなどは教えないようにしましょう。

 

1.ゲームを購入しようしてプレイしようにすすむ