PS4でTwitterに連携できない場合の原因と対処法

PS4でTwitter連携をしようとしてできない場合の原因と対処法を紹介していきます。
何度か試してみて上手くいくようにしていきましょう。

Twitter連携できない場合

Twitterにはビデオからシェアボタンで動画を共有することができます。
連携できたけど投稿できない場合は512MB以内、2分20秒以内という条件にあてはまっているか確認します。
Twitter連携自体ができない場合は、

  • Twitterと連携を解除して再連携
  • PS4の再起動
  • インターネットの確認
  • アップロードリストの削除
  • USBでPCに移動

を行っていきます。

Twitterと連携を解除して再連携

一度Twitterと連携を解除して再び連携させていきます。

  1. ホーム画面
  2. シェアボタン
  3. シェアとブロードキャストの設定
  4. 他のサービスと連携する
  5. Twitter
  6. ログアウト

から連携を解除することができます。

PS4の再起動

PS4の再起動を行うことでエラーが修復されていくことがあります。
PSボタンからスタンバイモードでなく再起動もしくは、電源を切るで電源を再び入れましょう。

インターネットの確認

インターネットに正常に接続できているか確認しましょう。
無線で接続している場合は、有線接続に切り替えます。
また、ルーターの再起動を行うことで修復されることもあります。
ルーター・モデムをコンセントから抜き10秒以上待ってから再起動してみましょう。

アップロードリストの削除

アップロードリストを削除すると連携できることもあるらしいです。

  1. ホーム画面
  2. お知らせ
  3. Optionボタン
  4. アップロードリストを削除

USBでPCに移動

上手くいかない場合はPCでアップロードをしていきましょう。

  1. キャプチャーギャラリー
  2. アップロードさせる動画を選択
  3. Optionボタン
  4. USBストレージ機器にコピーする
  5. コピー
  6. 確認画面でOK
  7. コピー完了

最初にフォーマットの表示が出た場合はフォーマットが必要になります。