Twitchで見かけるpogやpogchampの意味と元ネタを紹介

Twitchで見かけるPogやPogchampの意味、元ネタを紹介します。
ゲーム内でもたまに見かけるPogはどんな時に使用するのがベストなのでしょうか。

Pog、PogChanmpの意味は

PogChampは、ビッグプレイや神プレイなどの衝撃的なプレイを配信などで見た時に、驚きや衝撃の気持ちを表現するときに使う言葉になります。
Pogchampだと長いのでPogと略されて使われることが多くあります。

PogChampと同じ意味の派生としてPOGGERSというものがあります。

PogChanmpの元ネタ

PogChampのTwitchなどで使用されるスタンプはRyan Gootecks Gutierrez(グティエレス)という配信者の配信画像を切り取ったものです。

Gootecks(グティエレス)はTwitchで格闘ゲームをメインで配信している人で、配信中にカメラマンが三脚に月凸した瞬間のこの表情をきりとったものになります。
その時の動画がこちらです。

Gootecks(グティエレス)さんのこの表情がなぜPogChampという名前のスタンプで定着したのかです。

上記の配信をしていたのがGootecks(グティエレス)さんの配信していた動画チャンネルの名前がPogs ChampionShipというものだったからです。

Pog(s)” は日本語で「めんこ」、”Champ” は “ChampionShip” を省略したものになります。
紹介した動画内では、Gootecks(グティエレス)さんともう1人の人物が1990年代に人気が出ていたディスクフリッピングゲームである “Pogs” をプレイていました。これも由来となっているといわれています。

Steamのライブラリと連携して外出先のスマホからPCゲームがプレイ可能!
全キャリア対応ゲームのクラウドゲームサービスと言ったらGeForce NOW!
まずは31日無料体験でお試しを!