Overwatch2(オーバーウォッチ2)のクロスプレイと引き継ぎ要素/新キャラなど

発売予定のOverwatch2(オーバーウォッチ2)のクロスプレイと引き継ぎ要素をまとめていきます。
Overwatchの延長線として描かれているOverwatch2の前作との違いや新キャラなどを踏まえながら紹介していきます。

Overwatch2のクロスプレイ

Overwatch2のクロスプレイは確定として前作のOverwatchを所持していれば2を持っているユーザーとクロスプレイが可能になっています。

通常クロスプレイは他のプラットフォームとプレイ可能になることをいいますが、この場合もクロスプレイと定義します。
他のプラットフォームとのクロスプレイは現在は不明ですが、Battlenetから発売されている(会社は違うが)CoDはクロスプレイが可能です。
アクティビジョンから技術を借りられるのなら、簡単に他のプラットフォームとクロスプレイが可能になると思います。

Overwatch2の引き継ぎ要素

Overwatch2の引き継ぎ要素は、実績とアイテムのコレクション、スキンやプレイヤー・アイコン、スプレー、エモートなどになります。
確定しているのはそれらで、これまでのランクの実績などは判明していません。
しかし、Overwatch1のプレイヤーとプレイできるということはランクシステムもある程度同じになると思います。

元々ヒーローを購入するということがないため

ゲームシステム

ゲームトレイラーからわかりますが、PvEが大きく変化しています。
PvPのイメージが非常に強かったOverwatchですが、PvEにも大きく傾きそうです。
元々Overwatchというヒーローチームが正義の味方なのになんで戦っていたのか疑問です。
PvPはどうなるかわかりませんがレベルシステムが追加されているので戦略の幅が広がります。

パラディンズというSteamのゲームに段々近づいている気がします。
PvPはマップとヒーローが追加されています。
MAPは4種類ほどでヒーローの名前もエコーとソジョーンと決定しています。
ゼニヤッタの登場(いたけどな)など使われないリーパー君はどうなるのか気になるところです。

まとめ

Overwatch2のクロスプレイは正直できると思うのでBlizzard次第です。
20211のBlizzconが2011初頭にありますので、そこで大きく発売日などが判明すると思います。
ゲームシステムは1から大きく変化しそうで、eスポーツの観点からしても面白いと思います。
もっとアグレッシブに迫力のある試合になれば盛り上がること間違いなしですもんね。

Steamのライブラリと連携して外出先のスマホからPCゲームがプレイ可能!
あのバトロワやMOBAがスマホやタブレットで遊べちゃう!?
全キャリア対応ゲームのクラウドゲームサービスと言ったらGeForce NOW!
まずは31日無料体験でお試しを!