Microsoft Compatibility Telemetryが重い時は無効化して大丈夫?

Microsoft Compatibility Telemetryがディスク使用量やCPUの割合を占めていてPCが重くなっている時は無効化してもいいのか紹介していきます。
Microsoft Compatibility Telemetryとはどんなシステムで停止した際に問題が発生するのかを解説していきます。

Microsoft Compatibility Telemetryとは

Microsoft Compatibility Telemetryは、Windowsカスタマーエクスペリエンス向上プログラムというものの一部でWindowsのえらー情報を集めてMicrosoftにフィードバックを送るプログラムになります。
Microsoft Compatibility Telemetryは定期的にフィードバックを集めMicrosoftに送信しています。
集めた情報はプライバシー関連のものはなく、Windowsシステムを向上させるためのものだけです。

Microsoft Compatibility Telemetryは停止しても大丈夫?

Microsoft Compatibility Telemetryはパソコンのシステム構築に関係していないため停止しても問題ありません。
Microsoft Compatibility Telemetryのせいでパソコンが重くなっているのであれば停止しましょう。
ただ、一時的に停止しても定期的に起動してしまうこともあるので完全に無効化するほうがいいです。

Microsoft Compatibility Telemetryの停止方法

Microsoft Compatibility Telemetryを完全に停止する方法です。
Windows検索バーから「タスクスケジューラ」を検索して起動させます。

タスクスケジューラが起動したら、タスクスケジューラ>Microsoft>Windows>Application Experienceを開きます。
画面中央にあるMicrosoft Compatibility Appraiserをクリックすると右側のメニューが開きます。
右側のメニューから無効化をクリックすると停止され起動することがなくなります。