LoLの日本鯖プレイ人口は?世界のプレイ人口もまとめてみた

LoL(League of Legends)のプレイ人口をまとめてみました。
日本の人口、世界のプレイ人口を紹介していきます。
PCゲームでは世界最高のプレイ人口を誇るLoLの規模をみていきましょう。

全世界のプレイヤー人口は?

LoLのプレイヤー人口は全世界で約1億人になります。
1億人という人口は世界中のスポーツの中でも上位になります。

1位 バスケットボール 4億5000万人
2位 サッカー  2億5000万人
3位 クリケット  1億数千万人
4位 テニス  1億人
4位 League of Legends 1億人
6位 ゴルフ  6500万人
7位 野球  3000万人

ということです。
日本で色々と優遇されている野球に関しては3000万人になります。
世界大会の賞金や契約金額もこれらのスポーツと同じ、それ以上の金額になっています。

LoL日本のプレイ人口

LoLの日本のプレイヤー人口は2020年で約15万人になっています。
正確なデータをLoLの運営であるRiotは公開していませんがOPGGなどのプレイヤーデータを行うサイトなどで確認できている情報になります。

ランクによる人口などは詳しく公開されています。

LoL各国のプレイ人口

各国のプレイヤー人口です。

韓国: 1880万

EUW: 3120万

NA: 2860万

になります。細かいデータは最新のもので見つかりませんでした。
過去のデータなどはありましたが参考にはならないかなと思います。

最後に

LoL自体のプレイヤー人口は減っていってはいます。
しかし、LoL関連の人口は増えていっています。
ValorantやLoR、TFT、LoLワイルドリフト、ルインドキングなどの関連作品でLoLの知名度は上がっています。
しかし、LoLは敷居が高いというイメージがあり実際、1人でプレイするとメンタルもモチベーションも持たない確率が非常に高いのでやめてしまう人も多いです。
チュートリアルもチュートリアルしていないので、衰退しないように日本でなにかしてほしいですね(いつの間にかロル君も消えた)