LoLのヨードルたちを紹介!それぞれの関係性やストーリーも詳しく解説

LoL

LoL(League of Legends)の種族ヨードルを解説します。
LoLには様々な種族がありますが小さくて可愛らしいヨードルたちを見ていきましょう。

LoLのヨードルとは

LoLの世界に生息する二頭身で可愛らしい魔法生物。
好奇心旺盛で仲間と交流するのが好きらしい。指は4本(日本のハリネズミとかも4本なので小動物設定?)

バンドルシティに住んでいる。

サイズはカルマ、イレリア、ヤスオと比べたらケネンがこれぐらいのサイズになります。

ヨードルたちは人間より長寿で、他の種族よりも多くの知識などがあります。
デマーシアの立国より前にポッピーが産まれているのが確認されています。

人間より知識、技術があるヨードルたちは人間より先に機械文明を発達させていました(ハイマーなど)

LoLヨードルのチャンピオンたち

 

ルル
ルルは昔から面倒見がよく思いやりのあるヨードルで、現実に生きるのと同じくらい、気まぐれな空想に生きていた。ある日、物質世界を歩き回っていた彼女は、羽根が折れた鳥のような存在に気が付いた。助けようとしてその鳥に駆け寄ったところ、それは小さないたずら好きの妖精へとその姿を変えた。
ユーミ
バンドルシティからやってきた魔法ネコのユーミは、かつてはノラという名のヨードル魔女の使い魔だった。ノラが謎の失踪を遂げたことで、ユーミはノラが所有していた意識を持つ本、「境界の書」の守り手となり、そのページのポータルを通って旅をしながら飼い主を探している。
コーキ
ヨードルのパイロットであるコーキが大好きなものは二つある——飛ぶこと、そして自分の立派な口ひげだ…ただし、この二つの順番は問わない。バンドルシティを離れてピルトーヴァーに移り住んだコーキは、そこで見つけた不思議な機械に夢中になった。彼は飛行装置の開発にすべてを捧げ、スクリーミング・イップスネーク飛行隊と呼ばれるベテランパイロットが集まる航空防衛隊のリーダーになった。
ジグス
爆弾を愛する気の短いヨードルのジグスは爆発的な性質の持ち主だ。ピルトーヴァーの発明家の助手として働いていた彼だが、先の見える人生にうんざりしていたところ、青い髪の狂気の爆弾魔であるジンクスと友達になった。夜の街での大暴れをきっかけに、ジグスは彼女の忠告に従ってゾウンに移り住み、ケミテック長者や一般市民を恐怖に陥れながら、以前よりも遥かに自由に、何かを吹き飛ばしたいという自身の願望の飽くなき探求を続けている。
ベイガー
激情的なヨードルの魔導師ベイガーは、ほとんどの者が近寄ることすら躊躇するほどの力を手にしている。自由の民としてバンドルシティに暮らしていた彼は、かつて定命の者たちが実践する天界魔法を詳しく学びたいと望んでいた。しかしイモータル・バスティオンに幽閉されたことで、天性の好奇心は屈折してしまった。
ケネン
古の組織「均衡の守人」の最年長者であるヨードルのケネンは、初代にして唯一の「雷雲の担い手」だ。何世紀もの間、彼は外交術──と力──を使って第二の故郷であるアイオニアの聖なる均衡を保ってきた。稲妻のごとく俊敏で、物語に溢れる長い人生から得た知恵を持つケネンは、嵐のように回転する手裏剣と破壊的な電力をもって「始まりの地」の儚い調和を守るべく、「黄昏の瞳」であるシェンと共に力を尽くしている。
ハイマーディンガー
聡明だが変わり者のヨードルの科学者、セシル・B・ハイマーディンガー教授はピルトーヴァー史上最高の革新的な発明家の一人と称賛されている。彼はノイローゼのように自分の研究に没頭しており、この宇宙の最も不可解な謎を解くことを楽しみとしている。彼の理論は往々にして不明瞭で難解に見えるが、ハイマーディンガーはピルトーヴァーでもっとも優れた——殺傷力が高いことは言うまでもない——機械を開発しており、さらに効率化を進めようと、常に自分の発明品の改造を続けている。

アムム
孤独で悲しい魂を抱いて古代シュリーマで生まれたアムムは、友達を探して世界中を彷徨っている。アムムは古代の呪いによって永遠に独りぼっちでいる運命を背負わされており、触れた者は死を免れず、愛した者は破滅の一途を辿る。アムムを目にした者曰く「彼は生ける屍だ。その体は小さく、苔の生した包帯でぐるぐる巻きにされている。」アムムは何世代にも渡って語り継がれる神話や民話、伝説にも登場する。こうした物語には、往々にして空想と真実が入り混じっている。

クレッド
恐れ知らずで粗暴な武人であるヨードルのクレッドは、ノクサスの持つ激情的な無鉄砲さを体現している。多くの兵士たちが、クレッドは帝国の軍団が戦ったあらゆる戦争に参加し、あらゆる階級称号を獲得し、そして、戦いにおいて一度たりとも退却したことがないと主張する。細かい部分の信憑性はかなり疑わしいが、クレッドの伝説全てに共通する部分が一つだけある。彼が信頼のおけない愛馬「スカール」に跨って戦場に向かう時、彼は自分のものは全力で守り…奪える物は全て奪うのだ。

ナー

ナーは血気盛んなヨードルで、おどけて悪ふざけをしていたかと思えば、あっという間にそれが幼子のような怒りとなって爆発し、巨大な破壊の野獣に変身する。真なる氷に何千年間も閉じ込められていた彼にとって、一変した世界は見たこともないような不思議に満ち溢れている。彼は自分の骨牙のブーメランだろうと引っこ抜いてきた樹木だろうと、敵に向かって手当たり次第に投げつけては、その危ない状況を楽しんでいる。

ティーモ

どのような恐ろしい危険や脅威が待っていようとも、ティーモは底知れぬ情熱と陽気さで世界を偵察し続ける。揺らぐことなき道徳観を持ったこのヨードルは、誇りを持ってひたむきに「バンドルの偵察兵の掟」を守っている。時には自らの行動が周囲に与える影響に気づかないこともあるが…。そもそも偵察兵の必要性自体を疑問視する声もある中、ひとつだけはっきりしていることがある——ティーモの強い信念を侮る者は、痛い目を見ることになる。

トリスターナ

他のヨードルたちは自らのエネルギーを発見や発明、またはただのいたずらに注いでいるが、トリスターナはいつだって偉大な戦士の冒険に憧れていた。彼女はルーンテラの様々な派閥や戦争の話を聞き、自分たちヨードルだって、そこで価値のある伝説を残せるはずだと考えた。信頼する愛砲「ブーマー」とともに初めてこの世界に足を踏み入れた彼女は、断固たる勇気と楽観主義を胸に戦闘に飛び込んでいく。
フィズ

フィズはビルジウォーターを囲む岩礁の間に住む水陸両性のヨードルだ。彼は迷信深い船長が海に投げる捧げものをくすめては返して遊んでいるが、どんな荒くれの船乗りでも彼を敵に回そうとはしない。というのも、このすばしこい生き物の恐ろしさを侮った者たちの話が数多く伝わっているからだ。気まぐれな海の精霊だと勘違いされがちだが、彼は深海の獣どもを操ることもできるらしく、敵も味方もなく、人々をからかっては楽しんでいる。
ポッピー

ルーンテラの地に勇敢なチャンピオンは数多いものの、ポッピーほど粘り強い者はそうはいない。自分の身長の二倍ほどもある伝説のハンマー、オーロンを携えた不屈のヨードルは、もう何年もの間、彼女のハンマーの「真の持ち主」であるといわれている伝説の戦士「デマーシアの勇者」を密かに探し続けているのだ。真の持ち主が見つかるまで、彼女は使命感を持って戦闘に挑み、ハンマーを振り回して王国の敵を押し返している。
ランブル

ランブルは若くて気性の荒い発明家だ。この気骨のあるヨードルは、ガラクタの山を使って、たった一人の力で電撃ハープーンと焼夷ロケット弾を搭載した巨大なメカスーツを作り出した。廃品置き場で作り出された彼の発明品を冷笑する者がいても、ランブルは気にしない――いざとなれば、火炎放射器で黙らせてやればいいだけだ。

ヨードル相関図

https://loluni.net/yordle

ここから不足分を説明

友人関係
ユーミのお気に入りの連れの一人は、口髭をたっぷりとたくわえ、勢いのよい川のように豪快に笑う、扉を携えた羊飼いだった

同士

不仲
ランブルに素晴らしいメカニックの素質があることを知った教師たちは、ピルトーヴァーにあるヨードル科学進化アカデミーへの進学を勧めた。そこでなら、ハイマーディンガーの高名な弟子たちの一人になるのも夢ではないだろう、と。だが、ランブルはその申し出を突っぱねた。ランブルにとってハイマーディンガーとその取り巻きたちは、ヨードルの優れた技術力をタダ同然で人間に売り飛ばしながら、その陰でヨードルが笑い者にされているのを変えようともしない、「裏切り者」と看做していたからである。

敵対

敵対

ハイマーから貰ったゴーグルを祖国を守るために使っていた

ソナのファン

尊敬

Riotによって親友を解除

Riotによって親友を解除

Updated TL;DR Lore Of Every Champion from r/leagueoflegends

Steamのライブラリと連携して外出先のスマホからPCゲームがプレイ可能!
全キャリア対応ゲームのクラウドゲームサービスと言ったらGeForce NOW!
まずは31日無料体験でお試しを!