LoLでログインができないエラー時に確認することと対処法まとめ

LoL(League of Legends)でログインができないエラーが発生した時に確認することやログイン中に不明なエラーが発生したときの対処法を紹介します。
ログインできないと焦ると思いますが、なにが間違っているかを確認することでログインできることが多いと思います。

LoL(League of Legends)にログインができない!

久々にログインしようとしたらログインできない??
また、不明なエラーが発生したと出てきてしまう…

そんな状況に陥ることもあると思います。
また、不具合かもしれない予期せぬエラーでクライアントが落ちてしまうことが、稀にあるのがLoLです。

 LoL(League of Legends)でログインできない時の理由

LoLにログインできな理由を確認していきます。

ユーザー名、パスワードが間違っている

自分のログインIDかパスワードが間違っていないか確認します。
大文字になっていたり、パスワードは見えないので間違って入力している場合があります。

ログインID=メールアドレスではないので、メールアドレスを入力している場合間違っています。
下にあるサインインできない場合からRiotIDを確認しましょう。

久々のログインでRiotIDになっていない

2020年にRiotは地域ログインを無くしました。
昔は地域別で同じログイン名が可能でしたが、#JPなどをあとに付けるRiotIDというものに変更しました。

こちらの公式ページからアカウントのアップデートを行えますので、久々にRiotのゲームをする際は確認してみましょう。

サーバーがダウンしている

アカウントIDがあっていてパスワードも間違いないのにログインできない場合は、サーバーがダウンしている可能性があります。
この場合、ユーザーは何もできません。
サービスステータスの画面からシステム障害などが起きていないか確認したりTwitterで鯖落ちなどで検索してみましょう。

 

ゲームサーバーからセキュリティ証明書を拒否されている

ログイン情報を間違わずに入力している場合、ログインができない場合、LoL(League of Legends)のゲームサーバーからセキュリティ証明書を拒否されている可能性があります。

セキュリティ証明書はOS標準のブラウザ(WindowsならInternet Explorer(Edge)、Mac は Safari)から情報を得ているため、ファイアーウォールの設定の変更が必要です。

LoL(League of Legends)でログイン出来ないときの対処法

上記のことも踏まえてログインできない時の対処方法を紹介します。

ブラウザのキャッシュ削除/変更

ブラウザでLoL内のなにかにログインしようとしてログインできない場合は、Cookieなどのエラーもありえます。
一度ブラウザを変えてみたりブラウザの設定からCookieの削除などを行いましょう。

ユーザー名/パスワードを忘れた場合

ユーザー名、パスワードを忘れた場合、ログインしたに出てくるサインインできない場合からサポートページに移行します。

ユーザー名、パスワードともに登録したメールアドレスを入力します。
登録したメールアドレスを忘れた場合、サポートのお世話になるしか無いです。

入力したメールアドレスにRIotからメールが届きます。
そこに自分のユーザー名が表示されているはずです。

メールが届かない時は、メールの受信設定や迷惑メールフォルダにメールが入っている可能性があります。
パスワードの場合もメールの指示通りに進んでください。

RiotIDに切替

RiotIDに切り替えるときは、サポートの中にあるアカウントのアップデートを実行します。
元々メールアドレスにRiotIDに切り替わるからユーザー名を変更してねというメールが来ているはずです。

他のサーバーの人と名前が被っていない場合は、メールは来ていません。

お使いのアカウントのユーザー名を新しいユーザー名に変更する必要があります(サモナー名は変更する必要はありません)。
Riotアカウントに関する詳細はここをクリックしてご覧ください。今すぐユーザー名を変更する場合は下の矢印をクリックしてください。
画面の指示通りに進んでRiotIDを取得していきましょう。

ヘクステック修復ツールを使用してPCの問題を解決する

ログイン情報が正しいのにログインができない場合、ゲームサーバーからのセキュリティ証明書が拒否されている可能性が高いです。
ヘクステック修理ツールという公式が配布しているソフトで対応します。ヘクステック修理ツールはlol(リーグオブレジェンド)でよくある技術的な問題に対して、簡単に対応してくれるツールです。
自動トラブルシューティング – ヘクステック修復ツール(公式)にアクセスし、自分の環境のOS版のヘクステック修理ツールをダウンロードします。

この後は、ダウンロードしたファイルを実行してヘクステック修復ツールを起動します。

チェック欄が出てきますが、とりあえず全部チェックしておけば問題ないです(少し時間がかかりますが)
すべて完了と出るまで待ってからもう一度LoLを起動してみましょう。

公式に問い合わせる

下のサインインできない場合からお問い合わせを行うことができます。
お問い合わせの内容は、アカウントを回復を選択して入力していきます。

もしヘクステック修復ツールを使用した場合は、ログなどを残したファイルがデスクトップなどに作成されていると思うので送付するとGOODです。