GoG GalaxyでほぼすべてのPCプラットフォームと連携し管理を簡単に

  • 2020年10月12日
  • 2020年10月5日
  • GoG.com

GoGが提供するサービス、GoG GalaxyではPCのプラットフォームと連携することでチャット機能やフレンド管理を簡単に行うことが出来ます。
めんどくさいクライアントの起動をせずにGoG Galaxyだけで済む方法を紹介していきます。

GoG Galaxyのインストール

こちらの記事を参考にインストールとアカウント作成を行ってください。

GoG Galaxyのクライアントを起動します。

他のプラットフォームと連携

クライアントを起動しホーム画面を開いておきます。

 

左上の歯車⚙をクリックし設定をクリックします。

インテグレーションが選択されていますので、私はSteamを連携済みですのでSteamのみが切断になっています。

EPICを追加していきたいと思います。
接続するをクリック後、Connectをクリックします。

EPICのアカウントにログインして次の画面に切り替わります。
Allowをクリックすると接続完了です。

EPICの右側が切断に切り替わりました。

他のプラットフォームも同様に接続し、全て接続した状況です。

右側にフレンドが表示され、所持Gamesやプレイ状況が表示されています。

フレンドに対してチャットは対応していません。
さすがに権限をGoGに与えるのをまずいです。

まとめ

GoG Galaxyとプラットフォームを連携することで、複数のクライアントを立ち上げることが必要なくなります。
また、一部のプラットフォームではGoGからゲームの起動が可能になっています。
連携してから時間が経つと、ロードされますのですぐにデータが反映されるわけではありません。
PSNに関しては、ウェブサイトなどからオンライン状況を確認することは可能ですがめんどくさいのでGoGは非常に役立つと思います。

様々なデータも表示されますので、データ管理も可能でいろいろな用途で使えるクライアントになっています。