FPSフリークはどんな効果がある?実際に付けると何か変わるのか

FPSでAIMを良くしたい人におすすめのゲームパッドアイテム”FPSフリーク”を紹介します。
FPSフリークを使用することでゲームパッドのアナログスティックを延長することができ、より正確な入力をすることが可能になるかもしれません。

FPSフリークとは

FPSフリークはデュアルショック4のアナログスティックに装着することでより正確で精密なスティック操作を可能にするアタッチメントになります。
もともとのスティックより長くなるので、その分微調整をしやすくFPSゲームで重要なAIM(エイム)を良くすることが出来るものです。

様々なメーカーから販売されていますので、そこまで高いものでもありませんし口コミや実際に購入してお気に入りを見つけるのが一番です。

FPSフリークのメリット・デメリット

FPSフリークのメリット、デメリットをみていきます。

メリットはもちろん、AIM調整がしやすくなるということです。
通常のスティック操作より細かいエイムが出来るだけのアタッチメントなのでメリットはそこしかありません。
また一番使用して欲しい人は高感度にしている人です。
私は、毎回設定でマックスまで感度をイジっているのでとても回転が早いです。

デメリットは、スティックの高さが変わるので違和感があったり無いほうがプレイしやすいという個人差があることです。
また、感度が元々低い人は微調整が元から出来るはずなのでそこまで必要ではありません。

FPSフリークはスティックが2つありますので、もちろん2つのスティック用なのですが片方は移動方向のスティックなので装着しなくてもいいです。
しかし、片方だけでは違和感がある人は両方装着しましょう(私は違和感に耐えられなかった)
スティックのゴム部分がどうしても操作していると破れたり剥がれたりするのでゴムの保護にも役立ちます。
FPSフリークの商品によってはスティックの高さが左右で違うものもありますのでご注意ください。

FPSフリークを使用した際の感度調整

FPSフリークを使用した際の感度調整は、自分の使用している感度の少し上げくらいがおすすめです。
高感度のほうがFPSフリークの効果を存分に発揮することができます。

マウスレベルにはエイムは上がりませんが、マウスのような振り向きからのエイムには近づけるかなと個人的には思います。

まとめ

FPSフリークは高感度のプレイヤーにとくにおすすめのアタッチメントです。
FPSをプレイする際に大いに役立ちます。絶対に必要というわけではありませんが、お気に入りのスティックが見つかると手放せなくなります。

個人的には、スティックのゴムが毎回剥がれるので苛ついていましたが、FPSフリークのおかげで無くなりました。
これが一番うれしいかもしれません笑