BF4(バトルフィールド4)の人口は?過去作品でもまだまだ楽しめる?

BF4(バトルフィールド4)のプレイヤー人口はどれくらいなのか、いまでもまだまだ楽しんでプレイできるのかを紹介していきます。
毎年のごとく最新作が出ているシリーズですが、一番人気とも言える4を解説します。

バトルフィールド4の発売日

エレクトロニック・アーツ
¥1,700(2021/09/24 22:09:58時点 Amazon調べ-詳細)

バトルフィールド4は2013年10月29日に発売されました。
このときはPS3で発売され、BF3が2011年10月に発売されているので二年ぶりの作品になっています。
時代としては、近代的な世界になっています。
近未来ではなく現代戦のような世界観になっています。

バトルフィールド4のプレイヤー人口は?

バトルフィールド4のプレイヤー人口は数年も前なのに今でもいるの?という質問の答えは”YES”です。
バトルフィールドシリーズは、それぞれ公式サーバーと個人サーバーというマルチプレイの方式を採用しています。
公式が運営するバトル設定で楽しむサーバーと個人プレイヤーが課金してサーバーを運営しているものがあります。

PS4とPCのマルチプレイのサーバー一覧を見ても、満員に近いサーバーが平日に何個もあります。
基本的にいつでも満員の人気サーバーもありますので、バトルフィールド=大人数必須というゲームですが問題なくプレイできます。
しかし、人気のモードやサーバーは満員でも不人気のサーバーは、さすがに人口が不足しています。

2021年(発売から8年後)にサーバー増強が入った!?

バトルフィールド4の発売から8年後の2021年にサーバー増強が入りました。
理由としては、2つあります。

一つは最新作が発表され再びプレイしたくなったプレイヤーが多くいたということです。
バトルフィールド4はバトルフィールドの中でも特に面白く評価の高い作品です(私も4からはじめました)
もう一つはPC版のバトルフィールド4がアマゾンプライム会員向けに無料配布されたことが原因といわれています。

プレイヤー人口が少なくなっても、最新作前に遊びたくなるのはやっぱりバトルフィールド4なんですよね。