メモリの消費率が高いwsappxは停止して大丈夫?停止方法解説

Windows10、Windows11でメモリの消費率が高くなることがあるwsappxは停止しても大丈夫なのか、アプリの内容と停止方法を解説していきます。
パソコンが重いときに停止したいものとしては上位になるプロセスになっています。

wsappxとは

wsappxとはMicroSoftStoreのアプリケーションなどをアップデートするプログラムになっています。
MicroSoftStore関連のものなのでアンインストールはできませんが、停止することは可能です。
タスクマネージャーでwsappxのプロセスを展開するとAppX Deployment Service(AppXSVC)、Client License Serivice(ClipSVC)、Windows Store Service(WSService)が含まれていることがわかります。

wsappxは停止して大丈夫?

wsappxは停止しても大丈夫な人とダメな人がいます。
停止してはダメな人は、MicroSoftStoreをよく使用している人、MicrosoftStoreからダウンロードしたアプリを使用している人になります。
wsappxを停止することによって自動更新を止めてしまうと、MicrosoftStoreに正常にアクセスできなくなり、関連アプリの機能が使えなくなってしまうことがあります。
MicrosoftStoreを基本的に使用しないという人は停止しても問題ありません。

wsappxの停止方法

wsappxを停止させていきます。
タスクマネージャーから停止してもすぐに起動してしまうこともあるので、設定から停止しましょう。
MicrosoftStoreを検索やスタートメニューから起動させます。

右上にある自分のアカウントアイコンをクリックしてアプリの設定を開きます。
もしくは、歯車アイコンから設定を起動します。

アプリの設定でアプリの更新をOFFにします。
するとwsappxは停止します。
設定箇所は簡単ですがタスクマネージャーから停止してしまうと再起動した際に起動することがありますので、MicrosoftStoreから設定をしてください。