ゲーム

ネットゲームやネットスラング”lol”の意味や使い方を解説

ネットやネットゲームで使用されることがあるlolという単語の意味を紹介します。
lolの意味は2つありますので場合により、使い分けが必要なので覚えておきましょう。

lolは笑いを意味する”laughing out loud”

laugh out loudly / laughing out loud / lots of laughの略がlolになります。

lolは笑いを意味する言葉で、日本語で言うと笑 wwww と同じ感覚です。
会話で使うことはなく、チャットだけで使用する言葉になります。

lolの読み方

lolはチャット用語で基本的には話し言葉でないので正確な発音はありませんが、「えるおーえる」か「ろる」と読みます。
どちらでも読んでいいので、どちらかの言い方が間違っているわけではありません。

lolは古い?

lolはもう使用されずに絵文字やhahaなどが使用されているというデータもあります。
しかしゲーム特化配信サービス”Twitch”では、普通に使用されています。
ゲーム業界では、まだまだ現役ですが一般のSNSなどでは使われなくなっているようです。

ネットゲームのlol

最近ではlolは、ネットゲームの”League of Legends”をの略を意味することがあります。
lol(League of Legends)は、MOBAというジャンルのゲームで2010年に配信されてから大人気のゲームです。

10年経った時点でも年間ベスト3冠をとったりと、まだまだ現役のゲームになります。

笑いを意味するlolとの区別の仕方は、「lol」と単語だけの場合笑いになります。
「lolって面白い」はゲームのlolを意味します。

lolサプライズ

L.O.Lサプライズ!(エルオーエルサプライズ)とは、アメリカで発売された子供向けのオモチャで、日本では2018年からタカラトミーが販売しています。
ドールの着せ替えやシークレットメッセージの暗号を読み解いたりするオモチャで、アメリカや日本だけでなく世界中で大ヒット中している商品です。
L.O.Lサプライズ!のL.O.Lは、Little Outrageous Littleの略になります。
outrageousは乱暴な、非道な、風変わりなという意味なので、日本では「ちょい悪ベイビー」と訳されています。

Steamのライブラリと連携して外出先のスマホからPCゲームがプレイ可能!
全キャリア対応ゲームのクラウドゲームサービスと言ったらGeForce NOW!
まずは31日無料体験でお試しを!