コントローラー入力をリアルタイムで画面に表示させる方法!配信などの解説に便利

コントローラー入力をリアルタイムで画面に表示させる方法を紹介します。
OBSなどのゲーム配信をする際に便利な方法になりますので、入力などが見えたほうがいいアクションゲームなどにおすすめです。
今回はGamePad Viewerというソフトを使用して解説していきます。

GamePad Viewerにアクセス

GamePad Viewerの公式サイトにアクセスします。

PCにコントローラーを接続します。
接続したら上部をPlayer1に設定します。

すると入力したボタンが白くなります。
このコントローラーの絵はCSSと呼ばれるもので編集することができます。

OBSで表示させるための設定

こちらのURLからURLを生成することができます。
生成する前にコントローラーの設定を変更したい場合は変更しておく必要があります。
そのURLを使用してOBSで設定をしていきます。
PS5コントローラーを使用していますが、PS5コントローラーは認識してくれなかったです。

OBSでソースを追加でブラウザソースを選択します。

ブラウザソースからURLの部分に先程生成したURLをコピペします。

するとブラウザのコントローラー情報がそのまま反映されます。
コントローラーのサイズを調整して上部に載せることで合成できます。

二人以上のコントローラーを設定する場合は、ブラウザをふたつ開いてPlayer2を作成しURLもp2で作成することで同じようにすることが可能です。

URL編集

Player Numberコントローラーの番号です。Player1にコントローラーを表示さしているなら1
Skinスキン、自分のコントローラーに合ったもの
Strength MeterEnabled : メーターのように表示
Disabled : 色が変化
Stick CurvingEnabled : 3D表現
Disabled : 2D表現
Scale Modifier大きさ
Deadzone Valueボタンやスティックの入力を表示させない0.0~1.0の間で設定
Opacity Value不透明度0.0~1.0の間で設定
Delay Value遅延
Rotation Stop回転停止
Stick Offset Valueスティックのオフセットボリューム
Custom CSS URLCSSをカスタマイズできる人向けURL
Edit CSS URLCSSをカスタマイズできる人向けURL