キーボードにテンキーは必要?不要?それぞれのメリット、デメリットは?

最近ではゲーミングキーボードでもテンキーレスのものが販売されています。
キーボードにテンキーは必要か不必要なのか、メリット、デメリットを踏まえて考えていきます。
それぞれの特徴を理解して購入しましょう。

メリット

通常のキーボードはテンキーがあることで数時間系の入力が早くなります。
パスワードで数字が多い人や何か作業などで数字を多く打つ人に向いています。

テンキーレスはテンキーがないことで、幅が狭くなります。
通常のキーボードより大幅に短いのでデスク上が狭い場合には使い勝手の良い仕様です。

テンキーレスキーボードは通常のキーボードより値段が低いことが多いです。
しかし、値段より性能(キーボタンの種類)などで選択するほうがいいです。

デメリット

デメリットは、上記の逆になります。
通常のキーボードはテンキーがあるので幅をとりますし、テンキーレスを普段使わない人には無駄なスペースを確保しなければなりません。

テンキーの分、右側にスペースをとられるので体が曲がったりマウスとの距離が離れるのもデメリットの一つです。
テンキーを打つ場合には、タイピングポジションから指を離すことになるので作業以外のゲーム時には何かと不便かもしれません。
テンキーを普段使用していて数字を打つときに癖が付いているかもせれません。

どっちがおすすめ?

どっちがおすすめかは人によります。
私の場合は、ゲームもするしブログも書くので通常のキーボードを使用しています(机も余裕があるので)

自分の好きなキーボタンやワイヤレスかなども加味して選択するのが一番です。

テンキーレスを購入して左側に外付けテンキーを購入して置くというのもありです。
キーボードにはUSB付きのものもありますのでキーボードからテンキー入力することも可能です。