オンラインゲームのナーフ・バフの意味は?RPGのバフとの違い

オンラインゲームで使われるナーフやバフの意味を紹介します。
バフには、2つの意味がありますので会話の流れなどによって意味が変わりますので注意が必要です。

バフ・ナーフの意味

ゲームのアップデート(パッチ更新)で使用されるバフ(buff)の意味はステータスやスキルの威力強化などの説明に使われます。
ナーフ(nerf)は、弱体化のことで同じくステータスなどの弱体化に使用されます。

アップデートで使用されるバフ・ナーフは、適用されたパッチ/バージョンで常に入っています。
対戦型のオンラインゲームでは、強すぎたキャラクターをナーフして弱くしたり、逆に弱いキャラクターを強化してゲームのバランスを保つようにしていきます

ナーフ・バフのタイミングはそれぞれのゲームで変わってきます。
定期的にパッチが入ったり、あまりにも強すぎるキャラクターやアイテムは即座にナーフされていくことが多いです。

「今回のバフはいまいちだな」「ナーフされすぎ」などの会話は、パッチの強化・弱体化の話になります。

RPGなどのバフ・デバフ

RPGなどで使用されるスキルによるバフ・デバフは一時的なものを示します。

同じバフという言葉ですが、「バフをかけて」などの会話は一時的にキャラクターを強化する魔法をキャラクターに与えるということになります。

対してデバフは、敵からの攻撃で一時的にステータスなどが下がる状態のことをいいます。

RPGのゲーム中(戦闘中)に使用されるバフは大体が、ステータス上昇してくれという意味です。