オンラインゲームで禁止されているRMTの意味とは

RMTはリアルマネートレード(RealMoneyTrade)といい、オンラインゲームやアカウントなどのデジタルコンテンツを現実の通貨に交換、売買することをいいます。

特に多く行われているのは、MMORPGでレアなアイテムをプレイヤー間で売買されています。
最近では、スマホゲームのアカウントの売買が行われています。

RMTはオンラインゲームでは禁止されていることが多いです。
ゲームごとに最初に表示される、利用規約に表記されています。利用規約に”同意する”を押したプレイヤーしかゲームをしていないのでRMTを行うと、利用規約違反になります。

オンラインゲームが普及してからRMTが一般的になり、業者が増えていきました。
DQ10では、現実世界でもネタとして使われる高いツボの売買があったり、一番RMTで大きい事件はガンホーゲームズの社員による不正アクセスでの金稼ぎになります。

RMTは、禁止されているにも関わらずRMTサイトが普通にあります。
売ることも買うことも利用規約違反、著作権侵害になりますのでアカウントをいつ停止させられるかわかりませんので、楽して金で解決しようとしないことです。

日本では、RMTを法律で禁止はしていません。
韓国などは法律で禁止されていますし、アメリカではゲーム資産として課税されています。

RMTをゲーム公式で認めている場合もあります。
PSO2(ファンタシースターオンライン2)では消費アイテムの売買がありますし、仮想通貨を使用したブロックチェーンのゲームでは、モンスターを仮想通貨で売買する場合があります。