FPSなどのゲームで見かけるNPやNTやTYの意味と使い方を解説

FPSなどのオンラインゲームで見かけるNP/NT/TYの用語を解説していきます。
それぞれが単語同士の頭文字をとった英語になっています。
NP/NT/TYは、単体で使用されることが多いので、文章を打つ暇がないときや長い文章を打つのがめんどくさい時に便利な言葉になっています。

ゲーム(オンラインゲーム)用語一覧
ゲーム用語の大半を載せていますので参考にどうぞ。

NPの意味

NPはNoProblem(ノープロブレム)の略で日本語にすると「問題ない」「大丈夫」という意味になります。
他にも日常会話としての訳仕方がありますが、ゲームで使うときの意味は「問題ない」が一番多いです。

使い方としては、味方がミスなどをして「sry(すまない)」と謝られた時に「np」と使います。
「sry」に対して「ok」でも返しとしてはいいのですが、他の味方は「いや、お前あれのどこがokなのか説明してくれよ」となるかもしれませんので、「問題ないよ、大丈夫だ」の意味があるnpを使ったほうがいいでしょう。

フレンドリーファイアされたときや、無駄死にされたときにチャットで「np」と打つと平和になるのでおすすめです。
煽ったり怒ってもいいことはありません。

NTの意味

NTはNiceTry(ナイストライ)の略で日本語にすると「いい挑戦だった」「おしかったけど最善策だったな」という意味になります。

同じ意味としてNF(NiceFight)という単語もあります。
NFはファイトという単語になりますので格闘のイメージがあるので見ることはめったにありません。

使い方としては、敵に勝てずに負けてしまった味方に「nt」と励ましのメッセージとして使います。
自分たちがやられて、味方にゲームの勝敗を託すことになり味方が負けてしまった時に使うことが多いです。
一番使用されているのは、FPSのレインボーシックスシージになります。
理由は分かりませんが、NICEやGoodなどではなくNTとメッセージが来ることが多いです。

逆にチャレンジして敵を倒したりした場合は、NICEやGJ(グッジョブ)と送信しておくとチーム全体の指揮が上がります。

TYの意味

TYはThank You(サンキュー)の略で「ありがとう」という意味になります。

TYの他にもThx(サンクス)などと言う場合があります(人それぞれです)

お礼を言う時に使うことが多く、わざわざ「Thank you」という人はあまり見かけません。
また、対戦ゲームでは皮肉の意味を込めて「TY(今のはよかったよwww)」と敵に向かって使うことがあります。

こちらも読みたい

オンラインゲームのPvP・PvEの意味-違いは?

【オンラインゲーム用語】GG・WP・GLHFの意味とは?

lol/lul/ヲヲ/lmao/kkk/wwなどゲームで使われる笑を意味する用語