オンラインゲームで使われるリスや湧くの意味とは

オンラインゲームでよくボイスチャットなどで聞く「リスった」「敵、湧いてる」などリス、湧くの意味を解説していきます。

リスの意味

リスはリスボーンの意味で、戦闘ゲームで敵のキャラクターがリスボーンした時・自分のキャラクターが復活した時に使用されます。
リスボーンとは、ゲームでキャラクターが復活することをいいます。水中で卵が孵化することから名付けられました。

戦闘中の1秒を争う状況で、なかなか「リスボーン」という単語は長いので略して「リス」といわれることが多いです。
また、自分がリスボーンする際も時間経過で復活するゲームでは「あと何秒でリスするから」と使う場合があります。

リスボーンする地点のことをリス地、自分の味方のリスボーン地点を自リスといいます。
「自リスから向かって右側」など方向を示す地点としても使用されます。

湧くの意味

湧くというのは、リスボーンと同じ意味になります。
温泉が湧いたというように、なにもないところから急にキャラクターが出現する(復活する)様子から湧くと言われるようになりました。

使い方は、リスボーンと同じで「敵湧いた」「ここで敵が湧くから~」などになります。

頭が湧くという言葉もありますが、その場合は強い口調で「お前湧いてんのか?」や「頭湧いてるやろ」などと使われます。

同じ湧くという言葉ですが、状況や口調で判別しやすので間違えないように注意しましょう。