【Windows11】Dドライブが表示されない場合の対処法

Windows11でDドライブが表示されない場合の原因と対処法を紹介していきます。
ある日、普段表示されているDドライブが消えてしまった際に確認していく項目になります。

Dドライブが消えた原因

DドライブはCドライブの次に来るドライブで内部・外部に接続しているOSがインストールされていないドライブになります。
考えられる原因としては、パソコンのシステムエラーとハードディスクの接続の問題が考えられます。

また、ハードディスクは消耗品になります。
何年も使用していると故障して使用不可になることもあります。
他のパソコンに接続しても反応がない場合は故障の可能性もあります。
バックアップがなくデータを吸い出したい場合は、業者に依頼するのがおすすめになります。

パソコンの再起動

パソコン・WindowsOSを再起動させることによって直ることがあります。
とくに長時間つけっぱなしにしている場合は再起動してみましょう。

Windows高速スタートアップが有効になっていると完全なシャットダウンができないこともあります。
Shiftキーを押しながら再起動のボタンをクリックして、オプションの選択でPCの電源を切るをクリックしましょう。

ドライブの接続状況を確認

接続しているドライブのケーブルの接続を確認しましょう。
内部の場合は、消えた前日に内部を触っていないか、外部で接続している場合はケーブルや電源を確認します。
USB接続の場合は、接続先も変更してみましょう。
接続を切る、電源を切る場合は必ずWindowsを終了させてから行うことがおすすめです。

また、パソコンから電源を供給していない外部のハードディスクの場合は、機械自体が故障していないかを確認します。
パソコン側に問題があるのかハードディスク接続側に問題があるのかを確実に判断できるようにします。

デバイスの再スキャン

パソコンにドライブが接続されている状態で認識されていない場合は、ドライブの再スキャンを行うことでDドライブの表示が戻る可能性もあります。
Windowsマークを右クリックしてディスクの管理をクリックします。
ディスクの管理が表示されるので上部メニューから操作(A)でディスクの再スキャンをクリックしましょう。

ディスクを再スキャンしています。お待ち下さい…と表示されるので少し待機して接続中のドライブ一覧が更新されるのを待ちます。
Dドライブが表示されればOKです。

ドライブレターの変更

ドライブの名称が被っている場合はエラーで表示されないこともあります。
一度ドライブの名称を変更することで修復されることもあります。

Dドライブの名称が固定化されていたり、非表示になっていても固定化されているものがあり被っていたりすることもあります。
Windowsマークを右クリックしてコンピュータの管理をクリックします。
コンピュータの管理ウィンドウが表示されるので、記憶域からディスクの管理をクリックします。
接続されているドライブが表示されるので、Dドライブとなっているものを右クリックしてドライブ文字とパスの変更をクリックします。
使っていないドライブ名に変更してみましょう。
また、一覧にドライブレターが割り振られていないドライブが見つかった場合は、ドライブ文字とパスの変更からドライブ文字を追加することで修復されることがあります。