【Valorant】VC(ボイスチャット)がつかない場合に確認してみることまとめ

Valorant(ヴァロラント)でVC(ボイスチャット)を使用しているのにつかない、使えない、入らない場合に確認してみることを紹介します。
何個か確認することがありますので、しっかり見ていきましょう。

VCが使えない場合

VCが使えないときに確認することは

  • チームボイスチャット設定
  • 出力・入力デバイス
  • プッシュ・トゥ・トーク

になります。

Valorantはチームボイスチャットに入らないとそもそもプレイ中の音声が聞こえません。
ですので設定を開いてオーディオの中にあるチームボイスチャットをオンにします。
同じ部分にある出力デバイスと入力デバイスを設定しておきます。
最初はデフォルトになっていて規定のマイクとスピーカーが入出力に設定されています。
もし音声が入らない、聞こえない場合はデフォルトから自分の使用しているデバイスを指定してください。
Windows側で無効化されているデバイスは表示されないのでPC側の設定もしっかり行う必要があります。

マイクはプッシュ・トゥ・トークで有効化出来るようになっています。
設定の操作にあるコミュニケーション一番上でキーを確認することができます。
デフォルト設定ではUとVに分かれていますので変更したい場合は変更しましょう。