【PS4】USBストレージをexFATにフォーマットする方法まとめ

PS4に動画などを保存するためにUSBストレージをexFATにフォーマットする方法を紹介します。
今回の方法ではPS4単体でフォーマットすることができますのでPCなどがなくても問題なく実行することができます。

フォーマットする前の注意事項

USBを購入する際にはPS4対応!などが書かれているものは既にフォーマットされて販売されていますので、何もしなくても認識してくれます。
既に使用されているUSBの場合は、認識されずにフォーマットが必要です。

FAT32は4GB以上のファイルをコピーすることはできません。
しかし、exFATは制限なくコピーが可能です。

フォーマットする=初期化なのでデータは削除されますので消したくないファイルは他のものに移動しておきましょう。

PCなどで使用しているとNTFSにUSBがなっている可能性が大になっています。

USBをexフォーマットする方法

PS4のメインメニューにて設定を開きます。

設定メニューにある周辺機器を選択します。

周辺機器の中からUSBストレージ機器を選択します。

接続されているUSB(認識されている)が表示されます。
フォーマットしたいUSBを選択します。

次の画面では拡張ストレージとしてフォーマットするではなくコントローラーのOptionを押します。

もし拡張ストレージを押してしまうとエラーが表示されます。

Optionを押すことでexFAT形式でフォーマットするが表示されるので選択します。

最終確認のフォーマットする画面になります。
フォーマットを押すとデータは消えるので要注意です。

もう一度はいで完了します。

フォーマットが完了すると画面が切り替わります。