【LoL】Fakerの年齢や設定、様々な伝説などをまとめてみた

LoL(League of Legends)の伝説ともいえるFakerの年齢や年収、LoLの設定などをまとめてみました。
season3からLoLの第一線で活躍し続ける生きる伝説のFakerはどのように誕生したのでしょうか。

Fakerの名前・年齢

Fakerの本名は、イ・サンヒョク(韓国語이상혁)です。
1996年5月7日生まれ
(2021年で25歳になります)

小さい頃からゲームが好きでほとんどの時間をゲームに費やしたとも言っています。

サモナーネームは
プロシーンでは、Faker
普段はHide on bushが有名

Fakerの年収

年収は数億と言われています。season3から、ずっとSKTelecomT1で活動しています。
しかしFakerは普通の生活が好きで、どちらかといえば家族を大切に家族のためにお金を使っています。
白紙の小切手を他チームからもらったこともあるらしいです(白紙というのは何億でもかけるという意味)

Faker自身は配信も行っており、50万円や100万円のドネート(投げ銭)が数回あったそうです。

※お小遣いとして3万円もらってるとか

Fakerの伝説/神プレイ

Fakerは元々LoLはノーマルしかプレイしていませんでしたが、ランクをプレイし始めるとすぐにチャレンジャーになりランキング1位になったそうです(当時1位と2位はFaker)

season3でプロとして活動し始めるとすぐに神プレイを見せてくれます。
FakerはこれまでにLCK(韓国)で複数優勝し、WCS(世界大会)では3度の優勝を経験しています。
2013年から2019年まではFakerはWCSの開催地にずっといるという伝説もあります。

Fakerの神プレイ集

いちばん有名な動画だと思います。
残り半分以下のゼド対決ですが、Fakerのスキル避けで後半からはほぼ無傷で勝利する動画です。
ミラー対決は昔ならではのルールなので、もう一度見ることができないのは残念です。

インヒビタワー破壊からの1v3を勝ってしまうFaker…
アサシンだけでなくファイターやメイジもこの時点で一流でした。

この動画は常人でもプロでもありえない反射神経がわかる動画です。
視界あるんじゃないのかと思ってしまう判断です。

こちらは1v3を避けきるという動画です。
うまくRとフラッシュを使用しています。
元々、下からエリスが来ている情報はあったので上に逃げる判断をしていますが、しっかりポッピーのWを避けています。

ずっと負けていた状態で集団戦を勝ちます。
ラカンのRも素晴らしいですがそれに合わせたFakerのRが最大の決め手になります。
ここで一人でもスキルを外していたら負けていたでしょう。

これは敵のルブランにCSを取らせずにファーストリコールさせたという動画です。
圧倒的ゾーニングでアドバンテージを獲得しています。

LoLの設定

Fakerのマウスの設定は、DPIが3500、マウス感度75、Windows設定が6と言われています。

LoLの設定は2018年の画像ですがこちらです。

画面はフルスクリーン
解像度1920*1080
240Hz
品質は全て高い
影は低い

スキルキーはデフォルトのようです。

Faker使用デバイス

CORSAIR製のゲーミングキーボードとRazer製品と分かれています。
2020年はWCSに登場していないので分かりませんが、たぶんRazerを使用しているはずです。

目撃情報からこちらの商品だと思われます。
Razerは元々Fakerのチームのスポンサーだったこともあり使用していると考えられます。

ゲーミングチェアはスポンサーのSecretlabの製品を使用しています。

Secretlab (シクレットラボ)
¥52,900(2021/01/18 22:34:48時点 Amazon調べ-詳細)