【LoL】CSの10分間の目安と正確にCSを取るコツ、練習方法を紹介

lol(League of Legends)の10分間のCSの目安と正確にCSを取るコツ、練習方法を紹介します。
LoLの中で一番重要ともいえるCSは、下手だと自動的に負けていってしまうのでしっかりとらないといけません。
そこで目安を設定しておくことで自分が上手くプレイできているのか分かると思います。

CSとは

クリープスコア(Creep Score = CS)の頭文字になります。
ラストヒットのことでミニオンや中立モンスターにダメージを与えて倒すことです。
CSを取ることでゴールドを獲得することができます。
キャノンミニオンと呼ばれる大きいミニオンはゴールドが多いです。
また、15CS=1キルに相当することを覚えておきましょう。

LoL10分間のCSの目安

CSを10分間で獲得しておく目安は70です。
最初の10分間で70取れているのが最低ラインになります。
そこから20分になるまでに200近く取れていればOKです。

最初の10分間は、ミニオンが出ていない時間などもありますので絶対的にCSが少ないです。
しかし20分までは継続的にミニオンが出てくるのとJGクリープを狩れるので最初の10分よりはCSを多くとることができます。

分間CSというものがあり、1分間でどれだけCSを獲得しているかを表します。
試合時間が短いと極端に悪くなりますので、30分試合の時に確認するのがいいです。

OPGGで見ることができるので、最低7を目指して10に近づけていきましょう。

LoLでCSを正確に取るコツ

LoLでCSを取ることはミニオンを倒せるタイミングを覚えることです(当たり前)
タイミングの覚え方は、慣れろと言うしかありませんが味方のミニオンの攻撃モーションと敵のミニオンの体力を見ながら判断します。
味方のミニオンも敵のミニオンも一番近くのミニオンを攻撃します。
ずっとLoLをしているプレイヤーは見慣れている光景なので判断できますが、初心者は難しいと思うので最初にプラクティスツールで練習しましょう。

CSを取れるのであればスキルをガンガン使用しましょう。
もちろんマナを過剰に使用してはいけませんが。

タワー下のCSのとり方は簡単です。
前衛ミニオンはタワー攻撃2回と最後にAA
後衛ミニオンはAA、タワー、AA
でCSを取ることができます。

BOTレーンの場合は後衛にサポートがAAを1回することでADCがCSを獲得できるようになります。
しかしサポートがスレッシュの場合や攻撃力が上がっている状態だとダメージを与えすぎるので注意です。

UGの動画が一番わかりやすかったので、おすすめです。

少しCSとは異なりますが、こちらの動画も参考になります。
CSをとるということはレーンをある程度コントロールすることができます。

ただCSをとるだけだとガンクを受けて死んだしまったりもしますので、こちらの動画を見て知識を得ておいてください。
CSを取ることに夢中になって試合に勝てないと元も子もありません。

CSだけが勝利ではない

CSはもちろん重要ですが、キルのほうが圧倒的にアドバンテージを獲得できます。
CS15で1キル分のゴールドですが、キルは経験値も差が出ます。
CSは取れなくてもいるだけで経験値がもらえますが、キルされると経験値も手に入らないので死ぬのは2つの意味で負けてしまいます。
また、タワープレートによって同じCSでもプレート分で負ける状況にもなります。

CSを取るのは重要ですが、キルされる方が圧倒的に不利になるということを覚えておきましょう。
※CSは捨ててもいいから死ぬな

CSの練習はプラクティス?AI?対人?

CSを練習するのにおすすめなのは、プラクティスツールかAI戦か対人戦、どれがおすすめでしょうか。
答えはどれでもいいです(それぞれにメリット、デメリットがあります)
プラクティスツールは集中してCSを取る練習ができます、しかし敵がいないため敵からの攻撃を無視したCSの練習になります。
AI戦は、敵がいてCSも取る練習ができますが、変な構成になったり2TOPや2ADCになったりすることがあります。
対人戦は一番、経験を積めますが敵が強いとCSを取る練習をさせてもらえません。

順番としてはプラクティスツールで練習して、AIか対人戦に行くという形です。
最初の頃はめげずに頑張っていきましょう。
毎日の積み重ねで上手くなっていきます。