【LoL】ランクでの飛び級とは?実際に起きることはあるのか

  • 2022年1月20日
  • 2022年2月10日
  • LoL, Riot
LoL

LoL(League of Legends)のランク戦における飛び級はあるのか、実際におきることはあるのかを解説していきます。
飛び級とはブロンズ3からランクが上がった際にブロンズ1になったりすることをいいます。

LoLでランクに飛び級はある?

ランクでの飛び級は本当にあるの?かという質問ですが正解は

管理人
あります。2021年にランクシステムが変更になりましたが存在します。
2020年までには昇格戦がティアごとではなくディビジョンごとにありブロンズ3からブロンズ2に上がる際にも昇格戦がありました。
ディビジョンの昇格戦で勝って上がる際に1つディビジョンを無視して飛び級することがあります。
実際に私も経験していますし、レジェンド川島もブロンズで飛び級しています。
ランクシステム変更後も内部レートが非常に高いと飛び級します。
サブ垢でランクシステム変更後も飛び級しました。
試合中はS3の82LPで勝った後にS1になりS2を飛ばしたことになります。
昇格の下に×2がついているのが飛び級になります。

川島:今はブロンズ2なんですけど、実はブロンズ4から飛び級でランクが上がったんですよね。人に聞いても内部レートが高くないと起こらない、かなり珍しいことみたいで嬉しいですね。ゴールドへの自信に関して言うと、ゴールドの中でも、ディビジョンによって大きくレベルに差があると思っていて。ゴールド1や2の人には到底かなわないですけど、ゴールド4に行くということであればチャンスはあるのかなと思っています。
僕が今ブロンズ2で、シルバー下位の人たちとはよく対戦しているんですが、そのレート帯の人たちに関してはそこまで怖くはなくなってきていますね。11月にゴールドに行くことを考えると、6月までにはシルバーに上がる必要があると思うので今はそこを目標に頑張っています。

https://e-sports-press.com/archives/29132https://e-sports-press.com/archives/29132

しかし、勝率100%でブロンズスタートしたのに飛び級しなかったこともあるので確実に内部レートが高すぎても飛び級が起きるわけではなさそうです。
条件的にはB2が飛び級してS4になることはなさそうです。
MMRが高いと代わりにブロンズからシルバーの昇格戦がなく上がることがあります。

TFTにも飛び級が存在します。
実際の画像がこちらです(2022年)パッチを見てもらうのとチャンピオンでも判断できます。

昇格の下に×2という表示があります。
つまりブロンズ1からシルバー3に上がったという結果です。
シルバー4を無視して飛び級しています。

TFTの場合は一位になると非常に多くのLPを獲得することが出来るので可能になっています。

両方同じアカウントで飛び級してるのでアカウントのMMRがバカほど高かったのかも知れません。