【LoL】ポーク(poke)、ポーク構成とは?意味とおすすめ構成を紹介

LoL

LoL(League of Legends)で使われるポーク(poke)の意味とポーク構成とはどんな構成なのかを紹介していきます。
LoLは専用用語が多いのでしっかり一つ一つ覚えていくことが大切です。

LoLのポーク(Poke)の意味とは

一般的な会話でポークというと豚肉のことを思い浮かべますが、もちろん違います。
別の意味に突く、突っつくという意味があります。

LoLでいうポークの意味は集団戦において一方的に敵に攻撃する、敵の攻撃射程外から攻撃するということをいいます。
敵から逃げている時に攻撃して敵の体力を削りながら逃げることはポークなのですが、カイトともいいます。
また、ポークと似ている意味にハラスという言葉もあります。

ポークでもハラスでも同じ意味なるので通じはしますが、厳密に言うとハラスはレーン戦で一方的に攻撃をして、ポークは集団戦において一方的に攻撃をすることを言います。
カイトは逃げている時にのみ使用する言葉になります。

LoLのポーク(Poke)構成とは

ポーク構成とは、特に集団戦で睨み合っている時に一方的に攻撃をし続けられる構成のことを言います。
逆に言えば、入ってこられた場合はあまり強くない構成です。

睨み合っているだけで敵の体力を削ることができるので、圧倒的にアドバンテージを先に作ることができます。
敵の体力を減らしてタワーを削ったり、バロンやドラゴンへのオブジェクトに圧をかけたりすることが可能になります。

おすすめのポーク構成(チャンピオン)

ポークといえばのチャンピオンを紹介します。

TOPならジェイス、ティーモ
MIDならジグス、ゼラス、タリヤ
JGならニダリー、グレイブス
ADCならエズリアル、ヴァルス、ケイトリン
SUPならゼラス、ラックス、ザイラ

になります。
構成としては、タンクかだれかにフロントラインを張ってもらいながらの集団戦でのにらみ合いが好ましいです。
相手が無理やり入ってきた時にディスエンゲージ(回避)できるようなチャンピオンが一人はほしいです。

Steamのライブラリと連携して外出先のスマホからPCゲームがプレイ可能!
全キャリア対応ゲームのクラウドゲームサービスと言ったらGeForce NOW!
まずは31日無料体験でお試しを!