【LoL】ピンの種類と使い方は?味方に必要なときに必要なピンを出そう

LoL(League of Legends)のピンの種類と使い方を紹介します。
いろいろな種類のピンを使用して味方に分かりやすく危険や敵の動きを知らせましょう
味方を怒るだけでなく味方を支援するピンをだしていきましょう。

青(匿名)ピン

Gキーor Altキー + 左クリックで使用できます。

匿名で青いピンを出すことができます。
何かを伝えたいときに使用します。
誰が出しているピンか隠したいときにも使用します。

昔は他のピンが無かったためこの青いピンを様々に用途で使用していました。

危険ピン

Gキーor ALTキー+左クリックしたまま上で使用できます。

味方にここは危険だよと伝えるピンになります。
敵がいる可能性がある場所や行ってほしくない場所に出します。
味方は(キケンだから)そこに行くなというピンです。

ミアピン

Gキーor ALTキー+左クリックしたまま左で使用できます。

敵が見えなくなった際に使用します。
自分のレーンからチャンピオンが消えた場合や敵のジャングラーがワードに見えて消えた場合に使用します。
味方に敵がここから消えたから注意してねという意味になります。

 

支援ピン

Gキーor ALTキー+左クリックしたまま下で使用できます。

味方に来てほしいときに使用します。
ドラゴンやリフトヘラルドに集まって欲しい際や視界がなくワードをさしてほしい場合にも使用します。
レーン戦では敵のJGがきたから味方JGに来てほしい際、敵の体力が低いから味方JGに来てほしい際も同様です。

進行(行きます)ピン

Gキーor ALTキー+左クリックしたまま右で使用できます。

自分が向かうレーンやドラゴン、集団戦に参加するというピンになります。
またJGがガンクに行く際にも使用します。
このピンなしにガンクに行ってもマップを見ていない味方はガンクセットアップをしない可能性もあります。

バックピン

Vキーor Ctrlキー + 左クリックで使用できます。

基本的には危険ピンと同じ意味になります。
退却してほしい場合に最も使用されるピンです。
戦いたくない場合やリコールする際、リコールしてほしい際に使用します。

防衛ピン

自陣のオブジェクトにカーソルを当ててGキーor Altキー + 左クリックで使用できます。

守って欲しいタワーやインヒビターに使用して味方に防衛してもらうようにお願いするピンです。
1個目のタワーを捨てて2個目のタワーを守って欲しい際にも使用します。

ターゲットピン

敵のチャンピオンやタワー、敵オブジェクトにカーソルを当ててGキーor Altキー + 左クリックで使用できます。

壊してほしいオブジェクトや倒したい敵のチャンピオンにターゲットを指定できます。
ガンクの際やレーンで先にタワーを壊したい際にも使用されます。
味方に狙いたいものを指定することができます。

視界ピン

敵のワードがおいてある、視界をとられている際に使用します。
デフォルトではキー割振がされていないので自分で設定する必要があります。
デフォルトで割り振られていないのは途中で増えたピンだからです。

上手なピンの出し方

ピンを出すにも工夫があります。
例えば一つのピンだけでは、何を言っているのかわからない場合があります。
ですので、できれば敵がどう動くのかをわかりやすいように出してあげましょう。

ピンを上手く出すことで味方にも分かりやすく伝わり対処が簡単になるはずです。