【LoL】インセクの意味とは?由来も解説

LoLで使用されるインセクの意味と由来を紹介していきます。
実況や大会で使用されるリーシンの使いの基本的なテクニックになります。

インセクとは

インセクとはリーシンがブリンクをしてRで任意の敵を飛ばしたい方向に飛ばす技術になります。
スキル順としてはQで対象に飛びワードブリンクorフラッシュで奥に入りRで任意の方向に飛ばします。
一人だけを飛ばすことで味方が全員対象にダメージを与えることができ、集団戦に入りやすくなります。

インセクの由来としては、プロシーンでinSecというプロ選手がきっかけです。
リーシンの華麗な技術で当時は上手く扱える人が少なかった中で見事決めてみせました。
その後、リーシンはプロシーンで非常に多く使用されインセクはリーシンを使うには当然の技術になっています。

リーシン以外に飛ばすスキルをもつのは、セト、アジールになります。