【it takes two】一人ではプレイできないパズルゲーム!笑いあり頭脳ありアクション要素ありの完璧ゲーム

it takes twoというゲームの紹介と感想(レビュー)です。
it takes twoは二人プレイ限定のゲームで、一人ではゲームすらプレイできませんのでフレンド必須になります。
ストーリーも素晴らしいですが、ステージごとのギミックなどが完成されすぎている作品です。

“大成功。Hazelightの最大の勝利。巧妙に設計された協力型の体験。”
9.25/10 – ゲームインフォーマー

“真に協力的なゲームプレイを提供することの意味を最大限に生かしている”
5/5 – GamesRadar+

“It Takes TwoはPortal 2以来の最高の協力型ゲーム”
4.5/5 – https://www.thegamer.com/it-takes-two-review/

“多様な協力型ゲームプレイと、遊び心と心のこもった方法で展開される成熟したストーリーテーマの両方で大成功を収めた”
9.3/10 – Game Informer

“It Takes Twoは、一貫して革新的で、他にはない優れた協力プレイの体験をプレイヤーに提供する、ピクサーのようなアドベンチャーだ。”
5つ星 / 5つ星 – GamesRadar+

“It Takes Twoは、創造性がほとばしる、美しく、猛烈なペースのCo-opアドベンチャーだ。”
9 / 10 – IGN

it takes twoのストーリー

it takes twoは夫婦が離婚することをきっかけに始める物語です。
すれ違いの日々で喧嘩が続き離婚まで発展します。子供のローズは、賢い子で親の喧嘩を見ても何も言わずに、物置小屋で泣いていました。
そんなときに涙が人形にあたり、夫婦はその人形に魂が入ってしまったのです。

二人が混乱している中で、とある本が登場します。
この本は二人が返信した理由、もとに戻れる方法を知っているようで本に煽られながら進んでいきます。

夫婦は、元の姿に戻れるのか、仲直りはできるのか、そもそもの喧嘩の原因は?
ひとつの家族の物語です。

ステージごとのギミック

it takes twoは各ステージごとにギミックが用意されています。
ふたりとも同じ装備であったり、違う装備であったりそれぞれの装備を組み合わせて進んでいきます。

多くのステージに全て異なったギミックが存在していますので、進むごとに新鮮なパズルゲームを体験することができるようになっています。
また、パズルも段々と応用や工夫が必要になるので、二人の協力・閃きが必要です。
ギミックとしては、釘とトンカチ、掃除機、FPS、TPS、格ゲー、レトロゲーム、横スクロールアクション、神経衰弱、チェス、足し算、音ゲー、アクションRPGなどなど書き出したら切りのないジャンルをギュッと詰め込んでいます。
各ステージの最後にいるボスは手に汗握る難易度になっています。

it takes twoでは、アクション要素も多くあります。
特に時間制限は無いのですが、ギミックによっては時間以内にアクションを成功させないと進めない場面もあります。
どちらかのプレイヤースキルが無いと、ステージを進めなくなったりしますので仲悪くなる原因になるかもしれません。
プレイヤースキルが同じか離れすぎない人がおすすめです。

ゲームボリュームと感想

ゲームのボリュームは9,10時間でクリアになります。
お値段が定価で4,300円になり高いと言える値段です。
しかし、フレンドと笑いながら楽しめる価値は十分あり、ミニゲームも多く用意されているのでやりこみも可能です。
パズル要素が非常に多く、よく考えられているなと思えるほどのバリエーションが豊富です。

また、オマージュも多くあり「おい、これターミ●ーター」「波●拳やろ!」「マリ●カートやん」などなどオマージュと思えるものが多くあります。
ストーリーは、大雑把にいえば王道の話ですが、個性的なキャラクターやギミックにより他とは違う体験と言えるほどになっています。
後半になると、だれてくる感はありますが最後まで満足させてくれる内容です。

私達は9時間でクリアしましたが、途中大爆笑しながら楽しくプレイして大満足なゲームになりました。
フレンドと時間が取れて、どちらかが購入できるようならば、とてもおすすめできる協力プレイゲームになります。
たまに荷重がどちらかが重いゲームがありますので、「ああああああ」ってなることも楽しみの1つです。

LOST ARK