【HyperX】ヘッドセットのマイクが反応しない場合の対処法

HyperXのヘッドセットのマイクが反応しない場合の原因と対処法を紹介していきます。
新しく購入したヘッドセットの音は聞こえるのにマイクを認識してくれない場合に参考にしてください。

HyperXのヘッドセットのマイクが反応しない場合の原因

HyperXのヘッドセットのマイクが反応しない原因としては

  • 初期不良
  • マイクがしっかり刺さっていない
  • マイクが許可されていない
  • 規定のデバイスになっていない
  • アプリ側で別のデバイスになっている
  • ボリュームが小さい

以上のことが考えられます。
それぞれの対処法について解説していきます。
今回は単にマイクとパソコンを直接挿していると想定してになります。
間に何かしらのサウンドカードやコントロール機器を入れている場合はそちらも確認が必要になってきます。

初期不良

単に初期不良の可能性もあります。
以下のことを試してみてなんの反応も示さない場合は一度サポートに連絡して対処法を聞いてください。
サポートに連絡する際には、症状、試したこと、自分のパソコン・デバイスのことを詳細に伝えましょう。
サポートに連絡するのが無理なら返金期間内なら返金しましょう。

マイクがしっかり刺さっていない

HyperXのヘッドホンとマイクが着脱可能の場合は、マイクを刺す形になると思います。
その時にマイクがしっかりと刺さっていない場合は当たり前ですが、反応しません。
ですので、マイクがしっかり繋がっているか再度確認しましょう。

マイクが許可されていない

マイクが許可されていない場合はマイク自体を認識しません。

  1. 設定
  2. プライバシーとセキリティ
  3. マイク
  4. マイクへのアクセス

がオンになっているか確認します。

規定のデバイスになっていない

マイクが別のマイクの設定になっている場合は、変更する必要があります。

  1. 設定
  2. サウンド
  3. サウンドの詳細設定
  4. 録音タブに移動
  5. マイクを右クリックで規定のデバイスに設定する

にしましょう。

アプリ側で別のデバイスになっている

例えマイクの設定をパソコン本体で変更していてもゲームやアプリによっては、変更できる場合があります。
また、規定のデバイスを使用する設定になっていても不具合で認識されないこともありますのでアプリ側でもマイクを設定しましょう。
それぞれのアプリの設定を開いてマイクがどのマイクを使用しているかを確認します。

ボリュームが小さい

マイクのボリュームが小さくて認識されていないこともあります。

  1. 設定
  2. サウンド
  3. サウンドの詳細設定
  4. 録音タブに移動
  5. マイクを右クリックでプロパティ
  6. レベルで音量調節

をすることができます。