FPSで見かける覚えておきたい用語/英語の意味や使用例を紹介

FPSでよく見かけたり、指示されたりする覚えておきたい用語のまとめです。使用例など用語ごとにわかりやすいものを書いています。
FPSをしている時にボイスチャットで指示や相手の状態を教えてくれても、用語の意味が分からないそんな状況にならないために必要な知識です。

A

Aim(エイム)
的(敵)に合わせて照準をあわせることを言います。
「エイム酷すぎてあたらない」「クソエイム」などの発言は、敵に照準があわずダメージを与えられない時に使用します。

AR
アサルトライフルのことです。主に中距離に強い武器になります。

AutoAim(オートエイム)
自動でエイムをアシストしてくれる機能です。
ゲームよってアシストの強さが違います。設定によりオートエイムを切れることがあります。
「このゲーム、オートエイム強すぎる」はエイムした時に敵に勝手に照準があう時に使用します。

Ammo(アモ)
弾薬のこと。普段のボイスチャットでは使用しませんが、アイテム名で使用したりもします。

B

bot(ボット)
NPCや機械プログラムで動くプレイヤー。
練習用のコンピュータやプログラムで動かされているプレイヤーのことをいいます。

C

Camp(キャンプ)
一定の敵を狙ったり、同じ場所に居座ることを言います。

Caryy(キャリー)
勝利に導くこと
強い人に「キャリーして!」や「今のはキャリーしたやろ」などと使います。

Clearing(クリアリング)
敵がいないか確認を行うこと。
「この部屋クリアリングしたし」「あそこクリアリングしてきて」など敵のいそうな場所に対して使用します。

Cover(カバー)
味方を援護して進むこと。
「あそこまで行きたいしカバーしてくれ」と言われたら周囲に気を配りながらその人を援護しましょう。

Cheat(チート)
ゲームを改造したプレイ。
現在の普通のコンシューマゲームは無いが、PCゲームや昔のコンシューマ(家庭用ゲーム機)では普通にいます。
見かけたら通報しましょう。運営が諦めている場合は、放置されています。

E

EZ
EASYの意味。簡単すぎた時に使います。
煽りや挑発に使用することが多いです。

F

FriendlyFire(フレンドリーファイア)
味方誤射で味方にダメージを与えてしまうモード。
「このモード(ゲーム)フレンドリーファイアだから気をつけよう」など言われたら敵か味方か判別してから撃つようにしましょう。
味方を誤射や倒した場合は、ペナルティをもらうことが多いです。

G

Glicth(グリッチ)
バグ技のこと。壁の中に入ったり弾薬無限や足音を消したりといろいろです。
「こいつグリッチ使っているから注意」など注意喚起をしましょう。

Gosting(ゴースティング)
敵が配信していた場合、配信を見て敵の動き位置を確認しながらプレイすること。
なお、ゴースティング対策していない人も悪い(ディレイ配信遅延をつけるなどが必要)

GG(GoodGame)
いいゲームだったと簡単すぎるいいゲームだったの2つの意味があります。
状況によって変わりますので、注意しましょう。

H

Health(ヘルス)
体力のこと「もうヘルス無いから下がるわ」と言われたら体力が低いから後ろに行くという意味です。

HeadShot(ヘッドショット)
敵の頭への狙撃。ダメージが大きくなるのが普通。
「今のヘッショ(ヘッドショット)違うん!?」「ナイスヘッドショット」と使います。

K

KillRatio(キルレシオ、キルレ)
敵を倒した数/死んだ回数の数値。
キルレが高いほど強い人です。「俺、キルレ2もあるし」「お前キルレ0.5かよ」など数値で強さが分かりますのでよく使われます。
芋ってる人もキルレだけは高いので、あくまで指標の1つに過ぎません。

L

Lag(ラグ)
通信回線が悪い時に遅延が発生すること。
「ラグいって」「お前の回線遅すぎるだろ」と使います。
回線がいい人から、ラグい人を見たらラグい人は瞬間移動しています。
ラグい人は、周りが止まりながら進んでいます。

Low(ロー、激ロー)
敵が瀕死の状態。個人的に残り2割位をロー、あと1発で倒せる状態を激ローと呼ぶことが多いです。
「あの敵激ロー」「もう、あとの敵ローだし頑張れ」など敵の状態を教える時に使用します。

N

Naifer(ナイファー)
ナイフのみで戦う人。移動速度が早いため、当てるのが難しい。
「一人ナイファーいるから気をつけろ」と注意喚起します。

NT(ナイストライ)
惜しい負け方をしたときや頑張ったなと思う時に味方にかける言葉です。

O

OneShotKill(ワンショットキル)
ヘッドショットやスナイパーライフルで一撃で敵を倒すこと。

P

Pin
通信状況。pinが低いほど回線がよく、高いほど悪い。
3桁以上あるとラグが酷く、瞬間移動しているキャラになる。

R

Recoil(リコイル)
連射時に反動によって照準が跳ね上がること。
「この武器リコイルが酷い」など

Reload(リロード)リロードキャンセル
武器弾薬の補充。また、リロード動作中に他の動きでキャンセルすることをリロードキャンセル(リロキャン)といいます。

Resbone(リスボーン)リスボーンキル
復活すること。「もうちょいでリスボーンするから待って」「敵がリス(リスボーン)した」などと連携を図ります。
リスボーンキルは、復活した途端にキルされる、キルすることをいいます。

S

Suppressor(サプレッサー)
消音装置。音を極力抑えた状態で射撃できる。
「誰かサプつけているな」と特有の音がするので、割とバレはします。

T

Teaming(チーミング)談合
サバイバルや敵味方で結託し有利な状況、意図的な敗北状況を作成すること。
「チーミングしやがって」など違反行為なので注意。

あ行


同じ位置で待ち続けるプレイヤー。同じ位置にしかいない。
芋砂(芋っているスナイパー)と使われることが多い。

か行

決め撃ち
敵や味方の区別せずに見えてからの瞬時の判断で撃つことをいいます。
上手く決まれば「きめぇ、決め撃ちだな」といわれます。

は行

ハンショ
色々な意味があります。私のチームはワンショットキルなのに死ななかった敵に対して「今のハンショかよ」と使用していました。
チームによって意味は変わるようです。