【Discord】1つのデバイスで複数アカウントを同時に運用する方法まとめ

Discordで1つのデバイスで複数アカウントを運営して同時にログインできる方法を紹介します。PC版、スマホで可能です。
通常ならDiscordは1つのPCで使用する場合、ログアウトしなければなりませんが今回の方法はログアウトすることなく複数のアカウントを運用できます。

アカウントは何個も作成できますが、メールアドレス認証を必要としますので適当にメールアドレスを入れても作成はできますが、サーバーによっては弾かれることもあります。
Gmailでも何でもいいので実際に使用できるメールアドレスでメールアドレス認証はしておきましょう。
また、公式サーバーなどは電話番号認証も必要になることもありますのでメインのアカウントは決めておいたほうが楽です。

スマホで複数アカウントを使い分ける

スマホで複数アカウントを使い分ける方法は以下の方法があります。

  • ブラウザで使い分ける
  • デュアルアプリを使用※
  • セカンドスペースを使用※

※は対応機種限定の方法になります。

ブラウザで使い分ける

Discordのアプリをメインとしてアプリは通話で使用します。
ブラウザではチャットメインでアカウントを使わけを行います。

この方法では毎回ログアウト、ログインしないといけませんが例えばChromeとBRAVEやFirefoxなどブラウザごとにログインすることで簡単に使い分けをすることが出来ます。
ブラウザで使い分けは最も簡単でブックマークをホーム画面に置くことでショートカットでも使用することが出来ます。

デュアルアプリを使用

デュアルアプリとは1つのスマホに同じアプリを入れることが出来るシステムになります。
対応している機種では可能です。Xiaomiなどで使用できます。

  1. 設定
  2. アプリ
  3. デュアルアプリ
  4. デュアルアプリ化したいアプリを「ON」にする。
  5. 初回のみ「Googleサービスのデュアルアプリを作成しますか?」と尋ねてきますので、オンにするをタップしてください。
  6. デュアルアプリ化が開始されます。
  7. デュアルアプリ化が完了すると、アプリ一覧やホーム画面にアイコンが追加されます。
  8. アプリによっては2画面で同時起動もできます。

セカンドスペースを使用

セカンドスペースは1つのスマホに2つのスマホを入れている感じです。同じくXiaomiなどで使用できます。

  1. 「設定」→「特別な機能」→「セカンド・スペース」

  2. セカンド・スペースをオンにする
  3. パスワードなどを設定

  4. セカンドスペースの設定から使いたいアプリを設定

PCで複数アカウントを使い分ける

パソコンで複数アカウントを使い分ける方法です。

  • ブラウザで使い分ける
  • Discordを複数入れる(最大3個)

になります。

ブラウザで使い分ける

スマホと同じくブラウザでDiscordを使い分けします。
こちらもいちいちログインとログアウトするのがめんどくさいのでEdge、Chrome、BRAVE、Firefoxなどでログインを使い分けするのが一番です。
どのブラウザがどのアカウントか覚えておくだけでいいですし。

Discordを複数入れる(最大3個)

Discordは実はパソコンで3バージョンあります。

  • Discord(通常)
  • Discord PTB
  • Discord Canary

があります。
それぞれほぼ同じ機能ですがバージョンが違います。
それぞれがどういった機能があったり、導入するにはどうしたらいいのかは下記の記事を参考にしてください。

【Discord】ベータ版を試せるDiscord PTB(Public Test Build)を紹介

【Discord】最新の機能を試せるDiscord Canaryを紹介

パソコンではDiscordを導入できるので、通話やチャットを簡単に可能です。
またアカウントのアクティビティをオフにしていないと全てのDiscordで同じゲームを起動しているように見えるので設定をしっかりしておきましょう。