【Discord】年齢制限チャンネル(閲覧注意)の作り方や設定方法

Discordで年齢制限チャンネル(閲覧注意)の作り方と設定方法を紹介します。
年齢制限チャンネルには、どのようなコンテンツを掲載するべきなのか使い分けをどのように行うかも合わせて解説していきます。

Discordの年齢確認チャンネルとは

Discordの年齢確認チャンネルとは未成年には見せられないグロテスクな内容の画像や性的な画像などを含んだR18を書き込むチャンネルになります。
年齢確認チャンネルに入る際には年齢確認があります。
偽って入ることも可能ではありますが、モラルの問題なのでルールづくりなどをしっかり行いましょう。

また、年齢確認チャンネルだからといって何を投稿してもいいというわけではありません。
法律に触れることは当たり前ですがNG行為です。
罪にも問われますしDiscordの規約違反になりアカウント削除の対象になります。

年齢確認チャンネルに入る際に年齢を設定することがあります。
もし間違って設定した場合は、めんどくさい訂正書類の提出が必要になる可能性もあります。

年齢確認チャンネルの作り方

年齢確認チャンネルにはテキストチャンネルと同じように作成します。
その後にチャンネルの右側にあるチャンネルの編集をクリックします。

開いた概要にある閲覧注意(NSFW)チャンネルにあるバーをオンにします。
オンにした後は保存するをクリックするのを忘れないようにしましょう。

閲覧注意(NSFW)チャンネルに設定し終えるとチャンネルを閲覧した際に警告が表示されます。
ここではいを選択するとテキストチャンネルが表示されいいえを選ぶと前回いたチャンネルに移動されます。

閲覧注意にはR18以外にもネタバレチャンネルに使用できますので、応用として様々な使い方ができると思いますので活用していきましょう。
例:ネタバレ、クイズの答えなどなど