【Discord】メンション機能の使い方!全員に向けてや名前で指定文を送ろう

Discordでメンション機能の使い方を解説していきます。
メンションを使用することで特定の名前や役職、全員に向けてメッセージを送信することが出来ます。
活用次第でスムーズな会話になりますので、ぜひとも活用しましょう。

Discordのメンション機能

Discordのメンションは、特定の人に向けてメッセージを送信できます。
通常のメッセージと違うことは、通知が届くということです。
誰かへサーバー内でメッセージを送信したい場合や特定の役職の人に届けたいメッセージがある場合に便利な機能になります。
サーバーミュートをオフにしていた場合でも自分に関係のあるメンションのメッセージは通知されます。
@hereや@everyoneはサーバー全員に通知できるのでアナウンスにも役立ちます。

また、多くのメンバーがいる大規模サーバーではメッセージが埋もれていくこともあります。
そこでメンションを使用すると色が変化したり、メッセージが強調されますので分かりやすくなっています。

メンションの使い方

メンションの使い方は4個あります。

  • 個人向け
  • 全体向け
  • 役職向け
  • 返信

です。各それぞれのメンションを解説していきます。

メンションは@の後にコマンド(人)を入力することで可能です。
また、サーバーの設定でメンションを使用できなくしている場合もありますので、もし使用できない場合はサーバー設定だということを視野に入れておきましょう。

個人向けメンション

@のあとにユーザー名かニックネームを入力することで、特定のユーザー向けのメンションが送信できます。
@の後に完全な名前を入力しなくても予測で上部に候補が表示されますので、そこから選択するのがおすすめです。
同じ名前の人がいる場合は、#の後や画像で判断しましょう。
複数人や文章の途中でもメンションは使用可能です。青くなればOKです。

全体向けメンション

全体向けメンションには2つあります。
@hereと@everyoneです。@hereはオンラインの人限定にメンションを送る機能で、@everyoneはオンライン、オフライン関係なく全員にメンションを送ります。
@hereと@everyoneは同じようで、違う使い方になりますので注意してください。
@hereはオンラインゲームで今すぐチームを探している時におすすめ。
@everyoneはアナウンスにおすすめです。
今すぐの用事事には@here、お知らせには@everyoneの使い分けを心がけましょう。

役職向けメンション

役職向けメンションはサーバーに存在する役職の人全員に向けてのメンションになります。
主に活用するのは管理人向けのメンションです。
ADMINなどはモデレーターといわれるサーバーを運営している人たちが多い役職になります。
運営している役職に向けて@を打つことでメンションを使用できます。

返信機能

メッセージに返信するのもメンション機能の1つです。
返信することで相手に通知がいきますので、同じような使い方が可能になっています。
返信のほうが、メッセージの関係性が分かりやすいのでおすすめです。
使い方は返信したいメッセージを右クリックかオプションから返信を押すことで可能です。