【Discord】テキストチャンネルにTwitterの投稿を自動取得・自動投稿する方法

DiscordでTwitterの投稿をテキストチャンネルに自動取得して自動投稿する方法を紹介します。
公式アカウントや個人のTwitterアカウント投稿を通知するのにおすすめの方法になります。
今回はIFTTというソフトを使用していきます。

IFTTTとは

IF THIS THEN THATの略でもし○したらそのときに○をするという意味になります。

通知があったときにDiscordに送信するなど、何かのアクションに対してなにかに送信するサービスです。

今回のようなTwitterの通知をDiscordに送ったり、Twitchなどの配信を始めた際にTwitterに送るなどをすることができます。

Discordの設定

最初に通知を投稿させたいテキストチャンネルの編集をクリックします。

そこから連携サービスをクリックしてウェブフックを作成をクリックします。

特に設定はしなくてもいいのですが、わかりやすい名前にしておくと管理しやすいのと、投稿したいチャンネルか再確認しておきましょう。
最後にウェブフックURLをコピーをクリックしたら完了です。
この以降に間違っても違うものをコピーしないようにしてください。

IFTTTの設定

IFTTT側の設定をしていきます。
最初にIFTTTにログインをします。

アカウント作成がめんどくさいならAppleとかGoogleアカウントで連携させるのが簡単です。
ログインが完了すると右上のCreateボタンをクリックします。

大きな画面になりますので、上のif Thisをクリックします。

多くのサービスが表示されますが一番上の検索バーからTwitterと検索してTwitterを発見しましょう。

続いて英語で色々書かれていますが、「New tweet by a specific user」をクリックします。

取得したい人の@の後ろのユーザーネームを入力します。

画面が切り替わり上の部分が青くなっています。
続いて下の設定を行っていきます。

Then Thatをクリックして先程と同じく検索バーからwebhooksと検索します。

webhooksの場合は、一つしか選択肢がありませんのでクリックしてCONNECTを押します。

続いて入力になります。

  • DiscordのウェブフックURL(最初にコピーしたやつ)
  • POSTを選択
  • application/jsonを選択
  • コードを入力

になります。
コードは

{ “content”:”@{{UserName}} {{CreatedAt}}: {{LinkToTweet}}” }

入力が完了すれば一番下のCreate actionをクリックします。

上下とも青色になりContinueをクリック。

最後にFINISHを押して完了になります。

右上のマイリンクに作成されていたらOKです。

ツイートがあると指定のチャンネルに通知があります。
数十分ほどの誤差はありますので、ご了承を。
IFTTTは様々な場面、サービスで活用できますのでこの際に色々やってみてもいいかもしれませんね。