【Among Us】アモングアスの通信障害で出来ること出来ないこと

Among Us(アモングアス)の通信障害(コミュニケーションサボタージュ)で出来ることと出来ないことをまとめました。
通信障害を上手く利用することで黒を出したり出来ますので覚えておきましょう。

通信障害とは

通信障害はスケルド、ミラエイチキュー、ポーラス、エアシップの全てにあるサボタージュの一つです。
通信障害を起こすことでクルーに有効なオブジェクトを使用できなくすることが出来ます。
直す方法は、レーダーを正しい場所にあわせることです。
右上にあるゲージや音により正しい場所を調整できます。

Switchが一番直しやすいです。

通信障害で出来ること出来ないこと

通信障害で出来ることと出来ないことです。

共通

サボタージュなので会議ボタンは使用できません。
タスクバーも見ることが出来ません。
通信障害中に死体発見で会議になっても通信障害は直らないのでタスクバーは表示されません。
停電のように他のユーザーが邪魔することは出来ません。

クルー

クルーは通信障害が起きるとマップを開いてのタスク場所の確認ができなくなります。
役職である科学者、エンジニアはスキルを使用できません(バイタルを見る、ベントに入る)

インポスター

ドア閉めにおいては他のサボタージュと同様です。
ベントは使用可能ですがインポスターのみ通信障害中使用できるのでエンジニアCO逃れはできなくなります。

オブジェクト

バイタル、アドミン、カメラは使用できません。
ただしカメラのみ例外でカメラを使用している赤マークは使用することでつけられます。