【ブラサバER】彰一のキャラ詳細情報や元ネタなど紹介

ブラックサバイバル永遠回帰(ブラサバer)の彰一に関するキャラクター詳細情報や元ネタなどを紹介します。
誕生日やキャラ背景なども設定されているのでより深く彰一のことを知ることが出来ると思います。

オリジナルブラックサバイバルwikiや公式ブラサバerwikiなどを参考にして作成しています。

彰一16M-RFT23 基本情報

“で、この仕事はどれくらいの価値があるの?” – 彰一

日本ではごく普通のサラリーマンで、椅子に座って日々が過ぎていくのを眺めていた。

しかし、先天性の心臓病を患った妻の突然の死をきっかけに、彼の人生は一変する。
資金不足で治療を受けることができなかった彰一は、妻の早すぎる死を自責の念に駆られる。
妻から受け継いだ娘を守るために、予防治療のためなら何でもすると決意した彰一。

舌が滑らかで、高級な話も平気でする。
コーヒーよりも紅茶を好んで飲むが、紅茶を飲むのはダサいと思っている。

  • 彰一は永劫回帰に追加された17番目のキャラクターでした
  • 彰一の誕生日は12月9日
  • 年齢は33歳
  • 国籍:日本
  • 声優は善財達也
  • 身長179cm、体重71kg、職業は証券会社の社員、家族は祖父、祖母、娘

サイドストーリー(オリジナルwikiより)

家族、特に娘には誰よりも優しい。

役に立つ相手にはいつでも親切。これ以上は役に立たないと思ったら冷徹。

イライラしたときはいつもより笑う癖がある。

コーヒーよりお茶の方が好き。
だけど外ではいつも「ダブルショットのアメリカーノ」や「エスプレッソ」を飲んでいる。

料理は、娘の亞鶴子(あずこ)がお父さんを大好きになるほどの腕前を持っている。
元から得意だったというより、彰一が努力した結果である。

幼馴染だった妻にずっと片思いをしていた。
やがて結婚できて、妻とそっくりの娘も産まれてくれた。
その頃は出世や昇進に興味はなかった。

ある日、妻の先天性心疾患(心臓)の具合が急変し、本来の機能を満足に果たせなくなってしまう。
最初は人工弁を取り付けて解決したと思ったが、それもすぐに限界がきてしまった。
もう心臓移植をしなければ助かる見込みがなくなった。

臓器売買を考えたが移植委員会や医師を買収するお金も無く、海外で手術を受けるのも難しい。
今後、継続して医療費や薬代を捻出できる宛てもない。

結果として、妻はこの世を去ってしまい、娘だけが残った。

その日以来、彼はお金を得られることなら何でもこなした。
他人を利用したり、嘘を吐くことに一抹の躊躇いもなくなった。

お金を得るために、娘を妻と同じように失くしてしまわないために、
どんなに汚く卑劣なことでもしてみせると決心する。

娘にも妻の抱えていた心疾患が遺伝している。
手段を選ばずお金を稼ぎながら治せる方法を探し続けている。

妻の名前は「 杏(アン)」。

前から死亡保険に何十個も入っていた。
いつ刺し殺されてもおかしくないと自分でも思っているので。

会社員だったときの地位は高くなかった。

亞鶴子や妻を思わせるような、病人や子どもに対して躊躇したり、弱い態度を見せる。

彼の素顔について(素顔の定義は難しいが)お金に執着する姿も、娘を愛する姿も、全てが彰一と言える。
結局のところ、娘を愛しているからこそ変わらなければならなかったのだから。

ルミア島には自分で受け入れて来た。

お金が貰える約束なので実験には協力的。

なるべく自分の手を汚さずに最小限の労力で利益が得られる手段を好む。
気が咎めるのではなく、その方が割に合うから。

持っている亞鶴子の写真を眺めて、この実験が終わったときにどれほど成長しているかを考える。

彼が望んだとしても、今現在の亞鶴子の写真を入手することはできない。
たとえ写真ひとつでも実験体が外部と連絡することは許されていない。

研究員も外部と手紙でやり取りしているくらいなので、一人の実験体のために動くことはしない。
ただ、彰一が個人的に所有している持ち物くらいは見逃してくれている。

他キャラとの相性

14M-RFT04. ヒョヌ
良いか悪いか理解できないまま、ちょっと支障があるくらいだろうなと思う。

16M-RFT20. ダイリン
何となく嫌な感じはするけど、どういうつもりか考えるのが面倒臭くて騙される。

16M-RFT19. シルヴィア
気分が良ければ条件を聞く前からOKする。

14M-RFT08. JP
賢いので普通には騙されないが、おだてられると気分が良くなって応じてしまう。

14M-RFT07. ジェニー
何でもない振りをして落ち着いて見せるが、心を乱されている時点で既に術中に嵌っている。
心が乱れるたび、ひどく慌てながら表に見せないように努力する。

15M-RFT18. マグヌス
条項を読む瞬間に「そんな細かいことまで読もうとするなんて男らしくないです」と言われると腹立ちまぎれにサインする。

14M-RFT02. フィオラ
理由のない好意に警戒する。
厳格な家だったので「理由のない好意はない。対価を望まない相手は警戒しろ。」という教えを受けていたから。

15M-RFT16. アイソル
お互いに別の魂胆があって騙そうとしていることに気づく。

14M-RFT14. キャッシー
騙そうとしていることを知ってか知らずか、急にとんでもない話題で話を変える。
仲間になったと思ったら気が変わったと言って態度がころころ変わる。計算外の行動をされるので苦手。

16M-RFT24. アルダ
証拠が無ければ信じない。証拠があっても疑うことはやめない。

14M-RFT13. アレックス
騙される振りをしながら自分の都合が良いように利用しようとする。
利用されることに気づいた彰一の気持ちは「こいつは…」となる。(原文:「이새끼가…」)

アレックスに「こんなとこで転がっている姿を見たら死んだ奥さんが泣く」と挑発された。
話したこともない家族の事情を知っている彼を警戒している。手の内が読めないので好きじゃない。

17M-RFT27. シセラ
たまに目を合わせては無言で眺めているときがある。
彰一はシセラを眺めながら、亞鶴子についていろいろなことを想っている。

Steamのライブラリと連携して外出先のスマホからPCゲームがプレイ可能!
あのバトロワやMOBAがスマホやタブレットで遊べちゃう!?
全キャリア対応ゲームのクラウドゲームサービスと言ったらGeForce NOW!
まずは31日無料体験でお試しを!