【ブラサバER】フィオラのキャラ詳細情報や元ネタなど紹介

ブラックサバイバル永遠回帰(ブラサバer)のフィオラに関するキャラクター詳細情報や元ネタなどを紹介します。
誕生日やキャラ背景なども設定されているのでより深くフィオラのことを知ることが出来ると思います。

オリジナルブラックサバイバルwikiや公式ブラサバerwikiなどを参考にして作成しています。

フィオラ14M-RFT02基本情報

“ウエスト! 首! 姿勢がめちゃくちゃ!” – フィオラ

フィオラは有名な剣士です。彼女の家族は、彼女が常にプライドを持ち、まっすぐな姿勢を保つことを強く植え付けられて育った。

彼女の父親は彼女の才能を認めず、女性は雑用をこなすだけの存在だと考えていた。
彼女の父への反抗の行為として、そして父に認められたいという思いから、フィオラはフェンシングを始めました。

学校では数学が得意だった。

自分より弱い者を守ると誓い、自分より強い者に認められたいと願う。

  • フィオラは、ナディーンと一緒に、第3回アルファテストでリリースされました。
  • 本名はフィオラベレリン
  • 年齢は24歳
  • 国籍:イタリア
  • 身長158cm、体重48kg、職業はフェンシング選手、家族は母。
  • 誕生日は 7月21日。
  • 生真面目な性格で、聡明にして冷静沈着。
  • 元ネタはLoLのフィオラ

サイドストーリー(オリジナルwikiより)

「女性にしては」「女性なのに」といった言葉を聞くと感情的になる。

自分の身長を欠点だと思ったことはない。背で左右されるほど自分は弱くない。

「~か?」「~だ。」のように、かなり断定的で堅い言い方をする。

好きな食べ物は、手軽に食べれるもの。

好きな動物は特にいない。動物を可愛がるより自己鍛錬に励む。

女性らしさを感じるものは好まないが、花(薔薇)は好き。

フェンシングの訓練帰りに拉致された。
島で意識を取り戻すとすぐ冷静に状況を把握し、まず言った事は ” 私は何をしたらいい? ” 。

実験について非人道的だと思っているが、生きなければならない目的のためには最善を尽くす。
積極的に協力する気もないが、反抗して暴れるつもりもない。

実験中は正々堂々と正面から向き合って戦うスタイルを好む。
同盟を結んでいる者が危なかったりするときは止むを得ず奇襲することもあるが、後で後悔する。

自分にできるのは最善を尽くすことだから、相手の死はお互いの最善を尽くした結果だと思う。
そのため、殺した相手の死体をいじったり何かしたりはしない。

実験体の中でも大人しく従うと評されるが、研究員に友好的で親しみを持つというようなことは無い。
ただ、彼らには何の力もなく、目的のために指示を受けて働いてるのだろうと思うので反抗しようと思わないだけである。

他キャラとの相性

14M-RFT07. ジェニー
彼女とかなり親しくしている。歳が近いこともあって自然とそうなる。
最初にきっかけとなったのは、フィオラが取り乱すジェニーを手助けした出会いから。
弱くて勝手だと思うが、どこか自分と似ていると感じる。
感情的になったジェニーをなだめることができるのはフィオラだけ。
女性らしい物や美しい物は、自分よりジェニーに似合うと譲っている。

最も仲のいいジェニー相手でも、お互いに感情的になる機会はある。
実験で最後にふたりで残ったとき、相手を生き残らせようとして言い争いになる。
そして、たいていの場合フィオラが試合放棄して自殺する。

15M-RFT17. レオン
彼の功績や鍛練に取り組む姿勢と中身が伴わない事を惜しむ気持ちはあるが、
個人の問題だと考えているので特に言及はしない。

14M-RFT13. アレックス
正々堂々と戦うことをしない不快な相手。

16M-RFT15. ババラ
賢い人だと感じている。自分の才能にもっと誇りを持っていいと思う。