【ブラサバER】ヒョヌのキャラ詳細情報や元ネタなど紹介

ブラックサバイバル永遠回帰(ブラサバer)のヒョヌに関するキャラクター詳細情報や元ネタなどを紹介します。
誕生日やキャラ背景なども設定されているのでより深くヒョヌのことを知ることが出来ると思います。

オリジナルブラックサバイバルwikiや公式ブラサバerwikiなどを参考にして作成しています。

ヒョヌ基本情報

“これ以上悪くなるはずがない” – ヒョヌ

ヒョヌには野心も夢もなかった。彼が感じていたのは…空虚さだけだった。

その虚しさを埋めるために、彼は喧嘩や喧嘩のスリルを求めていた。

すべての試みにもかかわらず、彼の中の空虚さと不安は増すばかりだった。

大人になって一番最初に買うのが宝くじという強迫観念を持っている。

家族よりも友人への執着心が強い。

  • 本名はチャン ヒョヌ
  • 声優は下妻 由幸
  • 国籍:韓国
  • 年齢は17歳
  • ヒョヌの誕生日は4月6日です。
  • ヒョヌは、アヤとジャッキーと一緒に、永劫回帰の非常にアルファテストでリリースされました
  • 身長174cm、体重73kg、職業は高校生、家族は父(服役中)と母。

サイドストーリー(オリジナルwikiより)

単純なので人を簡単に信じる。
見捨てられることを極度に恐れていて、一度信じた相手は最後まで信じ抜こうとする。

2008年(11歳)のとき、父親が連帯保証人になってしまい全財産が押収された。
父親はその後、騙した相手を怒りにまかせて殺害している。

父親は殺人の罪で服役中。母親は家にいる。
父は2018年に出所予定である。

人間関係で傷つきやすい。だが、いくら傷ついてもまた信じようとする。
父の事件後に「人殺しの息子」だからと周囲から避けられたトラウマから、拒絶されたり、独りになるのが恐い。

社会的に成功するのは難しいと思い込んでいて、人生を変えられるとしたら宝くじだと考えている。
宝くじは、人殺しの息子だからといって当選しないことはないから。

鎖やベルトにこだわるのは好きだから。

好きなことは、料理、運動、犬の散歩。

本を読むのは好き。何も考えずにいられる。

料理をよくする。特に肉料理が好きで作っている。
肉が無くて作れないときはかなりがっくりするようだ。

韓国料理が一番好きで、和食・中華・洋食はあまり食べたことがない。

ガーリックラーメンは、インスタント食品を食べるなら少しでも体に良いようにして食べようと思い作った。
ラーメン自体はインスタントの印象からあまり好まないが、ガーリックラーメンは好きだ。

髪は自分で染めた。ただ、そのせいでボクシングジムの先輩に絡まれることもあるけど。
赤なのは好きな色だから。学校では染めるのは禁止されていた。

シャンプーにこだわりはない。普通の石鹸の香りのものでいい。

好奇心からお酒を少し飲んでみたことはあるが、タバコを吸ったことは無い。

バイトは、ポスティングをちょくちょくしていた。

突撃する戦闘スタイル。

自分からケンカを吹っかけることはほぼ無かった。イジメやカツアゲもしたことないし決してしない。
売られたケンカは買うが、わざわざケンカしたがるようなことはない。

凶器のような物を使うケンカに飛び込んだりはしなかった。自分が凶器を使うのは嫌だった。

包帯を自分で上手に巻ける。

ケンカで怪我をしたときは、主に学校の保健室を使っていた(薬品が無料で使えるから)
自宅で治療したこともある。

周りから疎まれて生きてきたが、幸せが全くなかったわけではない。
天気が良いとか、信号がぜんぶ青だったとか…そういったことに小さな喜びを感じていた。
そんな小さな幸せも霞むくらい、辛さを感じる機会の方が多かったけれど。

父の事件後も距離を置かずに親しくしてくれた友人がいた。
父の事件後に離れていってしまった人たちもいたが、この友人は彼らとは違った。

親しい友人に料理を振る舞ったこともある。
ケンカの仕方も教えてみようと思ったが、相手が向いていなかったので断念した。

友人は今もヒョヌを心配している。転校したと聞かされたが、別れの挨拶をできていないから。

ガールフレンドがいたことはないが、気になる人はいた。

ある日の午後、学校帰りにある階段に座り込んで、夕陽を前に悩んでいた。

入院してる友人に覚悟を決めて会いに行くか、帰っていつも通りに過ごすか。

散々悩んで、結局帰ろうとしたところアグライアの構成員によって拉致されてしまった。

拉致されてきた直後は誘拐されたことを認めたくなかったし、受け入れるのにしばらく時間がかかった。

実験に対してとても非人道的だと思っている。
どうして人が人にこんなことをできるのかと悩んで信じようとしない。

ルミア島に来て、両親が恋しくなることはないが友達は恋しく思う。

謝れていない相手がいるので、ルミア島を出ようとしている。
直接的にヒョヌのせいではないものの、間接的には責任がある。今は、島を出てその子に謝りたい。

島ではまあまあ上手くやっているが、誰かと深い関係を築いたりはしてない。
実験のときも誰かを求めてすぐに親しくなったりするが…生存者は一人だけなので、無情である。

犬好きで、ルミア島でも猟犬に食べ物を与えて芸を教えようとする姿が見られている。
ただ、彼が猟犬たちに付けた名前からするとネーミングセンスは残念らしい。
最初の2匹に付けた名前は「순돌이(スンドリ)」と「진돌이(ジンドリ)」だそう(日本でいう太郎、次郎のような)

彼が猟犬を手懐けられる日が来るのかについては、もしかしたら叶うことことがあるかも…くらいの可能性だという。

島に来てから最も多く自殺している実験体。
心の弱さからか精神的に追い詰められるとすぐに自殺を選ぶ。

彼が自殺しようとしたときに引き留める人がいることもあるが、
たいていはそうできないほど絶望的な状況だったり、彼の自殺が利益になるなど様々な状況が絡むので稀である。

実験で人を殺したときも、自分のしたことに心が挫けて自殺しやすい。
人殺しの息子である自分まで殺人を犯してしまったとショックを受ける。

ルミア島で初めて人を殺したときは、自分のやったことが信じられず心が折れた。精神的にボロボロになった。

彼が自殺する状況は様々なものがあるが、代表的なものは、
「同盟相手と殺し合わなければならないとき」「直視できない状況になったとき」「自分が過ちを犯したと感じたとき」など。

父が人殺しにならず、彼が拉致されてなかったらボクシングジムに通い続けていたかもしれない。
ボクシングの才能と共に、誰かに教える才能もある。

他キャラとの相性

15M-RFT16. アイソル
ヒョヌを利用しようとする。ヒョヌは利用されているとわかっても利用される。
利用されていることに気づかずに不意打ちされてしまうこともある。

14M-RFT12. ヘジン
大人びた雰囲気を持つヘジンを不思議に思いつつ、けっこう信用している。
なにか力になってあげたいと感じている。

14M-RFT07. ジェニー
文句が多いジェニーの愚痴をよく聞いている。仕方ないな…と大目に見つつ、
ひとたびケンカとなれば大声を出して争う。それでもお互いに本気で手を上げることはしない。

17M-RFT31. 雪
彼と似たところがあり、年も近いので仲良くやっている。
初めは、すごく優しく振る舞う雪をなかなか理解できなかったが、やがて納得した。
彼が過去を打ち明けたわけではないが、雪の持つ雰囲気が自分と似ていると思うようになったから。

ヘジン、アイソル、雪、ナタポン、レノックス、シルヴィア、ジェニーなどと話すことが多く親しみを覚える。
年齢が近かったり、話しやすく接しやすい人たちになりがち。頼りにしやすいのはヘジンとフィオラ。

合わない相手は、ロサリオ、マグヌス、アレックス、ジャッキー、アドリアナ、アヤなど。

世代の違いから交流があまり無いのか、シウカイに料理を学んだことはない。

ヘジンとアイソルと同盟を組むことが最も多い。
次点はレノックスで、スアともそうなることが多い。

仲間でもそうせざるを得なかったり望まれたりすれば殺すことはある。
たとえ、懐かせようとしていた猟犬が相手でも必要に迫られれば狩る。

ヒョヌが実験で最後まで生き残るのは少なく、10回に2回あるかないかくらいの割合。

相手を殺せる状況でも、同情から殺さずに見逃そうとすることが多い。
8割くらいは情けをかけ、その内の2割くらいは裏切られて殺されてしまっている。

研究所のハッキングに貢献したこともある。システムコードを差し込んだだけだけど。

研究員からは、怯えることや自殺も多いが主体性を持って行動する悪くない実験体と評価されている。

LOST ARK
・派手なバトルとグラフィックが大迫力
・ゲーム内の世界が美しい      
2部門でPC MMORPG No.1を獲得
全ての人に捧げる最高のオンラインRPG!ロストアーク