【ブラサバER】アヤのキャラ詳細情報や元ネタなど紹介

ブラックサバイバル永遠回帰(ブラサバer)のアヤに関するキャラクター詳細情報や元ネタなどを紹介します。
誕生日やキャラ背景なども設定されているのでより深くアヤのことを知ることが出来ると思います。

オリジナルブラックサバイバルwikiや公式ブラサバerwikiなどを参考にして作成しています。

アヤ14M-RFT11基本情報

“私の光のために、私の正義のために” – アヤ

生まれながらにして正義への憧れを持ち、その憧れを活かして警察官になったあや。
しかし、家族が殺人事件の被害者となったことで、彼女の世界と仕事への自信は揺らいでしまう。
自分にしか正義をもたらすことができないのではないかと、自分の正義観に取り憑かれてしまう。

死体を見るのが嫌になったアヤ。仕事柄、動物の死体を見ることもあるが、それが彼女の精神を蝕んでいく。

  • アヤは、HyunWooとJackieとともに、BS:ERの最初のアルファテストでリリースされました。
  • 26歳
  • 国籍:日本
  • 本名は鈴木あや
  • アヤの誕生日は8月5日です。
  • 身長161cm、体重56kg、職業は警察官、家族は弟の鈴木 光(入院中?)
  • 13歳の頃に誘拐され、警察に助けられた経験から正義の道を志す。
  • 声優は春村 奈々
  • 元ネタは漫画『いちご100%』のヒロイン「東城 綾」がモデルでは?。

サイドストーリー(オリジナルwikiより)

アヤが信じる正義は「他人の幸せや平和を奪う人を裁くこと」
法で裁くというよりも、彼女が掲げる正義によって裁くことを意味している。

自分の信じる正義のためなら行動にためらいがない。
逆に、それに背くことになる場合は悩んだあげくにあきらめてしまう。

銃を好むのは、誰かを殺すことになっても感触や死体を目の当たりにせずに済むように。

正義のためと言われれば、誰もが躊躇するような任務もこなせる。
ただ、正義にこだわる余りに周りが見えず、何かと見落としてしまうことが多い。

「酒、煙草、ギャンブル、麻薬」を心の底から嫌っている。

両親を殺人事件によって奪われた。連続殺人鬼による犯行だった。
弟の「光」も犯人のせいで両足を失ってしまっている。
自宅でアヤが目にしたのはズタズタに裂かれた母の遺体だった。

その事件は自分のせいで起きたと思っている。

事件によるPTSDから現在でも軽度の死体恐怖症を抱えている。
死体や血を見るとパニックを起こすことが多く、過呼吸で苦しむこともある。
事件後しばらくはもっと酷かったが、半年ほど休職して精神科に通い、少し和らいだ。

事件後に転属を提案されたが、自分で犠牲者が増えるのを止めたいので断った。

ルミア島で目覚めたとき、まず携帯電話で弟に連絡を取ろうとしたが繋がらなかった。

ルミア島に来たばかりのときは無実の人を裁くなんてできないと悩んだが、
実験や実験体たちのことを知り、潜在的な犯罪者たちだと認識を改めて自分を納得させている。

あくまで自分は正義の執行者。他の実験体は裁くべき犯罪者。
同じ実験体として同じことをしている自分から目を背け、考えないようにしている。

他キャラとの相性

06M-RF01. ジャッキー、14M-RFT03. ザヒル
彼らを裁かれるべき犯罪者だと思っているが、必要に迫られれば協力することがある。

14M-RFT13. アレックス
以前に、日本で面識があるという。お互いに相手を「こちらは… / そちらは…」と呼んでいる。

14M-RFT09. シウカイ
食べたい物について話していたことがある。
会話中にアヤが挙げた好きな食べ物は、ハーゲンダッツ、サバの煮付け、キノコ鍋など。

Steamのライブラリと連携して外出先のスマホからPCゲームがプレイ可能!
あのバトロワやMOBAがスマホやタブレットで遊べちゃう!?
全キャリア対応ゲームのクラウドゲームサービスと言ったらGeForce NOW!
まずは31日無料体験でお試しを!