【ゲーム用語】RTA(リアルタイムアタック)の意味とは

ゲーム実況や動画で使われるRTAはリアルタイムアタック(RealTimeAttack)の意味で、様々なゲームのスタートからクリアまでのタイムを競うものになります。

RTAと似ているもので、TAS(ToolAssistedSpeedrun)というものがあります。
RTAは、ゲームスタートからクリアまでの休憩やトイレなどの時間も含むのに対して、TASはエミュレーターを使用し限り無く早くゲームクリアを目指すものになります。

普通は、何時間もの間ゲームをし続けるのは精神的にも肉体的にも厳しいので1時間以内のものが対象になることが多い。

RTAでいちばん有名なものは、「スーパーマリオワールド」でバグを利用して数分のうちにクリアするものがあります。
バグを利用するものをAny%(何でもあり)といい「スーパーマリオワールド」もAny%でRTAが行われています(Any%の語源はメトロイドシリーズです。気になる方は検索してください)

RTAの海外サイトhttp://speeddemosarchive.com/では非公式エミュレーターなどの仕様は認められていませんので、ほぼ実機みたいな環境の動画のみ見ることができます。

ニコ生は、You Tubeの台頭であまり見なくなりましたが、日本のRTAの原点とも言える配信サービスでもあり、現在でも多様なRTAが行われています。
何年かに一度、世界記録を塗り替えることもあるRTAですのでたまに検索してみると超越した動画に出会えることがあります。