【ゲーム用語】DPSの意味とは?FPSやアクションゲームで使われる例

様々なゲームで使われるDPSの意味を解説していきます。
FPSやMMOなどのキャラクターを操作して戦うゲームではDPSがどれだけ出せるかが重要になります。

DPSとは

DPSはDamage Per Secondの略称で一秒間に出せるダメージをいいます。
また、高ダメージが出せるキャラクターの役職をいう場合もあります。
FPS/TPSでは銃を当てることで出せるダメージの計算の指標になることが多いです。

MMOやMOBAなどのチーム戦におけるDPS職の違いは話の流れから察するしかありません。

DPSの使い方

本来のDPSは数値のことを言います。
562DPSなら一秒間に562ダメージを出せるという意味になります。
プラクティスツール(射撃場などの練習施設)ではダメージ値を確認できることが多く確認することができます。

DPSが高い、DPSに優れているなどの使い方が多いですが本来はDPSは単なる数値です。
しかし近年は高ダメージ職や最強の武器を指すことが多くなっています。