【ゲーム用語】決め撃ちの意味と使い方!置きエイムとの違いとは

ゲームで使用される決め撃ちの意味と使い方を解説していきます。
また決め撃ちと同じ様に使われる置きエイムとの違いもあわせて紹介していきます。

決め撃ちとは

決め撃ちとは、FPSなどのシューティングゲームにおいて経験やデータなどから敵の姿が見えていなくてもそこに敵がいると仮定して撃つことをいいます。
敵の足音や味方が倒された位置などからも想定することができ、先に自分が射撃するため相手から反撃を受けにくいというメリットがあります。

デメリットとしては、そこにいると思って撃つので音で自分の位置がバレたりすることです。

置きエイムとは?決め撃ちとの違い

決め撃ちと同じ様なテクニックに置きエイムというものがあります。
置きエイムはスナイパーライフルなどに使われるテクニックで窓枠のみを狙って敵が来た瞬間に撃てるように先にエイムを置いておくことです。

決め撃ちとの違いは、決め撃ちは自分も動きながら撃ったりもしますが置きエイムは自分は動かずに敵が狙っている位置にくることを願ってエイムします。
決め打ちはこちらから積極的に攻めていきますが置きエイムは消極的な行動になります。