【ゲーム用語】コンバーターの意味とは?禁止行為になるのか

ゲームで使われることのあるコンバーターの意味を紹介していきます。
コンバーターは使い方によっては禁止行為にもなりますので注意して使用する必要があります。。

コンバーターとは

ゲームで使われるコンバーター(converter)の意味は、変換器になります。
本来コントローラーでしか操作できない家庭用ゲーム機をマウスとキーボードで操作できるようにするものがコンバーターです。
例としては、PlayStation4でキーボードとマウス、NintendoSwitchでPlayStation4のコントローラーなど

コンバーターは家庭用ゲーム機でキーボードとマウスを使用できるようにするデバイスと思われがちですが、変換器のことになります。

コンバーターは禁止行為?

コンバーターは、禁止行為となることがあります。
とくにオンライン対戦ゲームにおいては公平性に欠けるといわれ禁止、ペナルティ対象になることがあります。
SONYはコンバーターの使用を原則禁止しているので、発覚して炎上したというニュースも見かけます。

FPSやTPSのシューティングゲームにおいて家庭用ゲーム機ではパソコンゲームにはないエイムアシストという機能が強く働いています。
エイムアシストはコントローラーで狙いづらい照準を機械がアシストして狙いやすくしてくれる機能で、パソコンゲームには大抵ありません。
パソコンゲームはキーボードとマウス操作になりエイムアシストなしでも狙いやすく、ここにプラスしてエイムアシストがつくと強すぎる状態になります。
コンバーターを使用すると強すぎる状態になるため禁止されています。

コンバーターを使い方によっては便利

コンバーターを使用してのキーボードとマウスを接続するのはオンライン対戦では禁止になることが多いですが、使い方によっては便利なものです。
マクロ機能というもので、キーの同時押しが簡単だったり連打することができるのでオフラインゲームでも色々と普段できない操作が可能になります。
オンラインの協力ゲームではとくに作業などを効率化出来るのもコンバーターの特徴です。