【ゲーム用語】カウンターピックとは?LoLやOWなどで使われる戦術

ゲームの大会やランク戦で使用することがあるカウンターピックの意味を解説していきます。
カウンターピックをすることで有利に戦うことができるので勝率にも影響していきます。

カウンターピックとは

カウンターピックとは相手のキャラクターに不利となるキャラクターを後から選択して使用することをいいます。
後出しで選択できるため相手の苦手としているキャラを使用して有利になることができる戦法です。

オーバーウォッチやリーグ・オブ・レジェンド(以下LoL)で使用されることが多く2つのゲームで意味が変わってきます。

オーバーウォッチの場合は、試合中にヒーロー(使用キャラ)を変更することができます。
なので試合中に敵の構成を見ながらチーム構成を変えていくことが可能です。
このことをカウンターピックといいます。
ちなみにヒーローを変更することでアルティメットゲージが消えるので変更できる場合としないほうがいい場合などもあります。

LoLの場合は、バンピックというものが存在します。
敵と味方が交互に使用するチャンピオン(使用キャラ)を選択していくので、相手のキャラを見てから相手が苦手とするチャンピオンを使うことができます。
LoLは試合中にチャンピオンを変更できないのでバンピックで決定したチャンピオンで最後まで戦うことになります。

試合中に変更できるのとできないのとではカウンターピックの大きさが違ってきます。
カウンターピックをすることにより非常に有利にたてるので構成、キャラの相性などをよく知っておくことが重要です。