SteamでForza Horizon 4が好調!Valheim、LoopHeroに続けるのか

  • 2021年3月10日
  • 2021年3月11日
  • 雑記

Steamでは2021年になりValheimのブーム、先週ではLoopHeroがValheimと同じような販売数を誇っています。
ただ、LoopHeroはオフラインゲームなのでValheimのようなフレンドを誘ってプレイすることで販売数が伸びるといった効果がないのでValheimなみにはいかないようです。
今週に入ってForza Horizon 4が販売され販売本数が好調なので少し掘っていきたいと思います。

最初に断っておくと筆者はレーシングゲームが死ぬほど下手なので素人と戦っても負けるレベルのゴミで配信によるエアプなのをご了承ください。

Forza Horizon 4とは

ForzaHorizon4はオープンワールドなレーシングゲームでシリーズ4作目で3は2016年に販売されています。
レーシングゲームなのに自由に冒険できるオープンワールドの組み合わせと今までと違ってSteamでの販売ということで注目されていた作品です。

世界をめぐり車を収集し、パーツでカスタマイズなどを楽しむ今作。
しっかりとオープンワールドらしいマップも用意されています。

特徴として、各季節があります。
日本では四季が当たり前のようにありますが、世界ではない地域もありますのでWinterで雪などの道路を走行できるので素晴らしい作品となっているようです。

他にもフレンドと一緒にプレイも出来るので、ゆっくりとしたカーライフをゲームの中で送ることが出来ます。

最終的な目標などはないように思えますが、自分好みにカスタマイズできたり新たな景色に出会えたりと縛りのない自由な世界を楽しむことが出来るのが魅力となっています。

販売本数は好調だが一難あり?

販売されて以降、プレイヤー数は右肩上がりになっており2日で同時接続者数約1万5千人まで到達しました。
毎日何個ものゲームが販売されているSteamのなかでは、いい出だしになっています。
徐々に上がりどこまで伸びていくのか楽しみです。

しかし、同時接続者数に比べてゲームの評価は賛否両論になっています。
その多くはフリーズやクラッシュバグによるものが大きいです。
ゲーム自体は素晴らしいので、問題なくプレイできているプレイヤーにとってはおすすめになりますが、フリーズやクラッシュするプレイヤーはおすすめできないという評価になっています。
もし、アップデートでクラッシュなどの重大なバグさえ無くなれば評価も改善されもっと多くの販売数、同時接続者数が見えてくると思います。

オンラインプレイがある自由なレーシングゲームForzaHorizon4に少し注目です。
もし気になって購入してフリーズしても購入から2週間、プレイ時間2時間以内なら返金が可能です。

LOST ARK