Musicサービスspotifyとは?読み方から使い方まで詳しく紹介

音楽サービスSpotifyの読み方から導入、使い方までくわしく紹介していきます。
サブスクライブ(課金)しなくてもSpotifyは使えますので、インストールして使用してみるのをおすすめしています。

Spotifyに登録

Spotifyの読み方はスポティファイです。
人によって違いますが、スマホやPCでスポティファイと打つと英語の方も出るかと思います。

音楽配信サービスで多くの音楽を無料/月額課金(980円)で聞くことが出来ます。
無料の場合は、途中でCMのような有料会員ならスムーズに音楽を楽しめますという音声が流れる仕組みになっています。
また、ダウンロードしてネット環境がない場合でも有料会員なら音楽を聞くことが出来ます。

登録方法は公式サイトより行います。

右上の登録するをクリックします。

続いて、登録情報を入力します。
フェイスブックでも登録できますが、普通にEメールをおすすめします。

メールアドレス×2
パスワード
表示名(フレンドから見られる)
生年月日
性別
利用規約にチェック
を入力し登録するで完了です。

Spotifyのインストール

PCの場合もスマホの場合もインストールして使用します。

PCの場合

公式サイト右上のダウンロードをクリックして、.exeファイルをダウンロード/インストールします。

無事にインストール出来たら先程作ったアカウントのメールアドレスとパスワードを入力します。

スマホの場合

androidならグーグルプレイ

iPhoneならAppStore

でインストールし作成したアカウントでログインします。

Spotifyの使い方

基本的に使い方はPCとスマホと同じです。

曲を探す

ホームから検索バーで曲を検索します。
何度も検索したり曲を聞いていると自分の好みの曲をスポティファイが表示してくれます。

自分の探している曲やアルバムを見つけたら上にある曲の再生を押すと再生されていきます。
下バーにある▶や⏩などでランダム再生やリピート、次の曲、前の曲などを操作することが出来ます。

右クリック(長押し)でメニューが出てきますので、お気に入りの曲に追加することですぐに探せますし、自分のお気に入りの曲だけのアルバムを作成できます。

プレイリストを作成/追加

プレイリストは自分だけの曲のコレクションです。
テンションの上がる曲やアーティストごとに分けたり様々な分け方が可能です。

新規プレイリストを押すことで、新しくプレイリストを作成できます。
画像は設定しなくていいので、名前だけはわかりやすようにしておきましょう。

プレイリストへの曲の追加は、お気に入りと同様に右クリック(長押し)でプレイリストへ追加を押して、追加したいプレイリストを選択することで追加していきます。
重複した曲を追加しようとすると警告が出るので、分かりやすいです。

ダウンロードする(スマホ)

アルバムやプレイリストにダンロードと書かれているバーを右にするとダウンロードが始まります。
ダウンロードが完了するとオフラインでも聞けます。

まとめ

Spotifyは無料でも聞くことが出来ます。
制限はCMが入るぐらいで、我慢すれば問題はないですが数万曲を月額980円でストレスフリーで聞けるならやすいと思います。
機能なども難しい使い方ではないので、初心者の人でも十分使っていけます。