Runtime Brokerとは?メモリ消費量が多いときに停止しても大丈夫?

タスクマネージャーに表示されるRuntime Brokerというアプリの機能とは何か、メモリ使用率が多い時は停止しても大丈夫なのかを解説していきます。
パソコンが重くなってしまう原因かもしれませんが消えても問題ないのでしょうか。

Runtime Brokerとは

Runtime BrokerとはMicrosoftStoreアプリのアクセス許可管理システムになります。
MicrosoftStoreが搭載しているWindows8以降のパソコンで搭載されています。

Runtime BrokerがあることでMicrosoftStoreでユーザーの許可なく勝手にパソコン内のデータを盗んだりしないようにアクセス許可を管理しています。

Runtime Brokerは停止しても大丈夫?

Runtime BrokerはMicrosoftStoreのアクセス許可管理システムになっているので停止してもパソコンの挙動がおかしくなったり正常に動かなくなるようなことはありません。
Runtime Brokerを停止させるには検索バーでタスクマネージャーと検索してタスクマネージャーを起動します。
現在のプロセスで起動している全てのRuntime Brokerを右クリックして停止しましょう。
ただ、再起動すると再び起動してしまうので注意です。

Runtime Brokerが複数ある?

Runtime Brokerが複数ある場合はMicrosoftStoreで管理しているアプリが多いことを示しています。
Runtime Brokerはそれぞれのアプリに紐づけて管理しているので管理するアプリが多いほど起動し、パソコンの動作を重くしてしまいます。
ブラウザのエッジを複数起動してもRuntime Brokerは複数起動してしまいます。

Runtime Brokerが複数起動しても重くない場合は問題ありませんが、重くなる場合は停止させる必要があります。

Runtime Brokerを元から無効化する

Runtime Brokerを元から無効化することで起動しなくしていきます。

バックグラウンド実行をオフ

Runtime Brokerを使用しているバックグラウンドアプリを停止させます。
Windowsの設定を開き、プライバシーからバックグラウンドアプリを探します。
バックグラウンドアプリの実行を許可するをオフにして完了です。

ストアアプリをアンインストール

ストアアプリをアンインストールする。
MicrosoftStoreのアプリを使用しないとRuntime Brokerは起動しません。
ですので現在使用しているMicrosoftStoreアプリをアンインストールしていきます。
Windowsの設定を開き、アプリと機能からストアでインストールしたもの、不要なものをアンインストールしましょう。
容量が軽いからといってもRuntime Brokerは起動してしまいます。